学習の基本である国語力をつける

greeting / 年賀状はなまるゼミナールでは、いくつかのオプション授業を用意してあります。その1つが、読解マラソンです。詳しくは、リンク先をご覧ください。

特徴を簡単に書いておきますと、(1)進級式で、子どもの現時点での読解力に合わせてスタートすること (2)無学年で、カリキュラムを廃止することでじっくりと問題に取り組めること (3)良問を多読することで、訓練の濃密にし、国語力を確実につけていくということ (4)漢字や熟語、ことわざや慣用句、文法事項を自然にマスターできること (5)解説をしないことで、子ども自身がまるでパズルをするかのように、あれこれ考えないと答えが導き出されないということです。

読解マラソンをオプションとして始めたのは、国語力・読解力を身につけないと、他の教科も解けないということがあるからに他なりません。計算はできるのに文章題は解けない、そもそも問題文を理解していない生徒は今までもたくさんおりました。英語を訳させると、おかしな日本語になり、主語や述語の位置を確認させようにも、そもそも「主語」「述語」という意味すら分からず、英語の説明をする以前の子どももたくさん知っております。やはり、私たちは、日本で生まれた以上、日本語で物事を考え、日本語で表現するわけですから、国語力はすべての学習の基本となります。

しかし、自分の力で文章を読み解き、考えるために十分な時間を割くのは、たいへん難しいということがあります。たとえば、学校において、1クラス30人以上もいて、スッと文章を読み取れる子どもとなかなか読み取れない子どもがいて、読み取れない子どもが読み取れるまでじっくり待ってあげることができるでしょうか。あるいは塾でも、国語力・読解力が弱い子どもがじっくりと読み解き考える時間を提供できるでしょうか。これは、集団指導でも個別指導でも難しいことだと思います。

私は、あえて「解説なし」で、じっくりと文章を読み、考えさせる時間が必要であると考え、このオプションを作りました。極端に言いますと、1回55分の授業内で1ページしか進まないということも良としております。子どもたちが悩み試行錯誤しながら、自らの国語力・読解力を身につけて欲しいと思うのです。

さて、はなまるゼミナールは「地元中学からの高校入試」を軸としておりますので、中学受験を目指す小学生の入塾は、基本的にお断りしております。私自身、かつて大手塾勤務の際に、中学受験生を指導した経験から、中学受験を目指すのであれば、やはり専門の塾に通って鍛えるのが最も良いと考えるからです。

その上で、中学受験を目指す小学生がまったくいなかったわけではありません。中学受験向けの授業はしないということを了承していただいた上で、何人か通っていただいておりました。

今年受験をおこなう中受希望の6年生のAくんは、土曜日の読解マラソンオプションにのみ通っていただいておりました。中受の塾でがんばって勉強しているが、どうしても国語だけが全く上がらないと、保護者の方が、はなゼミのサイトを探していただき、国語の基礎力をアップさせるためにと通わせてもらっておりました。また、来年受験のBくんも読解マラソンをとってくれておりました。

先日、この2人の生徒の親御さんから、読解マラソンで大きく力をつけたと喜びのご連絡を受けました。

Aくんは、国語が上がらないということでしたが、志望校の国語の過去問で8割をとれるようになったとのことです。本当にすばらしいことと思います。また、Bくんは、中受に向けて本格的に勉強するため、中受の塾に移籍したのですが、その塾の試験で、それまで中受の訓練を積んでいた生徒より国語の点数が上回り、その塾の先生が驚かれたといいます。

この両名とも、読解マラソンを始めたときと比べ、半年くらい経過してからかなり力がついていたことは私自身、たいへん実感しておりました。私の実感が、こういう形で「目に見える成果」となって現れたことは大変喜ばしい限りです。

算数などとちがって、なかなか成果の出にくい国語ですが、時間をかけてじっくり取り組めば、国語でさえもかならず芽が出るということだと思います。

photo by: Kanko*

読解マラソンはじまりました!


Creative Commons License photo credit: karina y


まだまだ、スタートしたばかりですが、子どもたちのテキストを採点しておりますと、成績の伸び悩みと読解力の関係は、思った以上に深くつながっているなと感じております。

勉強が出来ない原因として、勉強していない=勉強不足であるという側面だけでなく、読解力がないために、教科書や教師の話が正しく理解できていないことがあげられると思うのですが、今回、このことをしみじみと感じております。

つまり、逆に言うと、きちんと読解力をつければ、国語力のみならず、いろいろな力がついてくると、あらためて確信いたしました。
読解マラソンを受講していただいている保護者の皆さん、そして子どもたちには、長い道のりをどんなに遅くても、コツコツと読解力をつけてもらって、かならず他教科の成績向上につなげてもらいたいと思っています。


秋からの新オプション《2》~はなまる読解マラソン~

black & white Glasses & Book - exhausting read
Creative Commons License photo credit: photosteve101

これまで、はなまるゼミナールでは、音読・多読にこだわって、子どもたちの国語の指導をおこなってきました。その結果、ありがたいことに、「7月の学校の懇談会で読解力がついたと言われた」といわれる保護者の方が何人もおられました。

読解力は、国語だけの問題ではありません。算数や数学の文章題を解くには読解力が必要ですし、そもそも親の話や先生の話を理解するのも読解力です。つまり、読解力は子どもがこれから生きていく力そのものと言ってもけっして言い過ぎではないと思っております。

しかし、この読解力を付けるためには少々時間がかかるのも事実です。だから、少しづつ、粘り強く、コツコツと読解演習をしてもらうための《読解マラソン》を実施いたします。

特徴として、まず第1に、進級式にしております。基本は10級からスタートしていきます。早ければ、3~4ヶ月で進級できるようになっています。最終の1級では高校1年の現代国語レベルの文章読解になりますので、級を追うごとに読解力がかなりついていくと思っております。

第2に、無学年制で実施いたします。このことにより、生徒のレベルと、スピードに合わせて読解演習を行えます。私は方針として、受験学年でなければ、スピードはさほど重要でないと考えております。ゆっくりしか分が読めない生徒はゆっくり読んでもらって進めていけば良いし、読むのが早い生徒はどんどん読み進めば良いのではないかと考えます。

第3に、ひたすら多読します。たくさんの文章を読み、問題を解くことで、国語力を確実に付けていきます。さらに、さまざまな分野の文章を読むことで、子どもたちの経験値を高めます。本を読むことのすばらしさは、筆者の意見を自分に取り入れて、まるで自分がした“経験”のようになることであると思っています。そういう意味で、この読解マラソンを通じて、子どもの精神的成長を促していきたいと考えます。

第4に、さまざまな分野の文章を読むだけでなく、問題を通じて、漢字や熟語、ことわざや慣用句、文法事項などが自然と覚えていけるようにしています。だから、いやいや漢字を覚えるとかことわざが全く分からない、文法が解けないということをなくしていけます。

はなまる読解マラソン、自信を持ってお薦めします!

はなまるゼミナールの力を付けるオプション授業