安心の授業料

Wintergreen Park in Canajoharie, NY
Creative Commons License photo credit: vauvau

安心の授業料を提案させてもらっています。
安いか高いかではありません。お役に立てなければ、無駄な投資になりますし、喜んでいただければ、子どもも私もとても幸せになれます。
はなゼミの「安心の授業料」は、1週間の授業体験で、カリキュラムや解説・内容、家庭学習の指示などすべて体感していただき、提示しております月謝・教材費に納得して入塾を考えてもらえるということです。
年に1度の教材購入と,月々の月謝で完全指導いたします。大量に教材を購入してもらうことや追加の費用(講習会は除く)などありません。
また、申し込みを決めた後に提示されることがよくある「施設使用料」「冷暖房費」(※)などを別途いただくこともございません。すべてオールインワンの授業料です。だから、安心の授業なのです。

※いろいろな塾のチラシをみていて、もっとも気になるのが、授業料以外にかかる「費用」です。その建物の中にある塾に通うのになぜ月謝以外に「施設使用料」なるものがいるのでしょうか? そんなものは月謝に含むべきだと考えます。また、冷暖房費などの「費用」も月謝以外に追加しないといけない理由が分かりません。当然にも月謝に含むべき費用~これらは分けることはできませんよね、施設使用料を払わないから青空授業であるとか夏は蒸し暑く冬は凍える授業なんてあり得ません~こうした費用を分けてまで、月謝を安く見せかけるようなことは絶対止めるべきであると私は思っています。


はなゼミ入退室メール

退室メールの例。子どもの退室時間だけでなく、いろいろな情報がつまっています。まさに安心メールなのです!

はなゼミでは、入退室カードを全生徒に持ってもらっています。

そして、入室時と退室時にカードをリーダーに通してもらいます。このことで、保護者の方4カ所に生徒の入退室情報をメールで送るようにしております。

入退室メールの利点としましては、

①子どもの入退室時間が正確に分かる。寄り道・道草の有無が分かりますね。

②はなまるポイントのたまり具合が分かる。入室ごとに1ポイントプラスしますが、そのほか、テストの点数などに応じて加算します。ポイントは、何かわくわくするものと交換できるように考えております。

③2週間以内の予定を配信。子どもも、親御さんもお忙しいと思います。お手紙だけでなく、メールでも予定を配信することで「忘れてた!」をなくします。


中間テストの勉強始まる!~生駒中学完全準拠

neglected alphabet board
Creative Commons License photo credit: woodleywonderworks
さて,生駒中学校では,5月26日と27日に1学期の中間テストが実施されます。
地域の中で,地域に密着したひとつの教育機関でありたいと願っておりますので,生駒中学の先生の授業に完全に準拠した形でテスト対策をおこなっていきます。安心のテスト対策です。
しかし,完全準拠と言っても,それしかしないわけではありません。
まず,大切なことは,しっかりと子どもたちに学校の授業を受けてもらい,学校の先生が何を話したのか,何が重要かを説明してくれたのかをきちんと学んでもらうことです。教科書や参考書に載っていない事項であっても,生駒中の先生が説明してくれたのであれば,それはとても大切なことですから,やはりしっかりと子どもたちに学習してもらいます。
次に,教科書にも載っていないし,学校の先生も話していないが,高校入試において,あるいは高校生や大学生,社会人になったときに必要な内容は,これまたきちんと学習してもらいます。こうした発展内容を含むことによって,子どもたちの頭の中に,トータリティーを持った形で整理されていってくれれば,本当に最高です。
3つめに,完全に準拠した形で,塾で教えてくれるからといって,受け身ではいけません。しっかりと,子どもたち自身によって,学習計画を立ててもらい,実施し,自己を評価してもらいます。学習を自らのものとして,主体的に取り組んでいって初めて,将来に向けてたくましく生きていける子どもに成長してくれると思っております。