塾をサボる子について

Troy Historic Village
Creative Commons License photo credit: country_boy_shane

 

以前の記事で、塾に遅刻する子、サボる子というのを書いたのですが、「塾をサボる」というキーワードで多くの方が検索されて、このブログを訪問してくださっているのに、大変驚いています。

保護者の方か、塾関係の方か分かりませんが、そんなに「塾をサボる子」が多いのでしょうか。

私は、基本的に「子どもは好奇心のかたまり」であると思っております。だから、学習を通じて、子どもたちが好奇心を刺激されれば、塾通いがイヤになることは基本あり得ないと思っております。また、子どもは大人と違い人間の本質がそのまま現れておりますから、その場所に自分の居場所があると感じたなら、いやがるどころか喜んできてくれると思っております。

では、なぜ、子どもが塾をサボるのか。それは単純に「面白くない」からでしょう。そして、自分が認められておらず「自分の居場所」を感じることができないからだと思います。

検索しておられる方が保護者でお困りなら、塾と子どもの相性が合っていないといわざるを得ません。それは塾の授業が難しく「面白くない」のか、その塾の講師やルールに合わなくて「面白くない」のか分かりませんが、その子にとって塾での学習が自分にとってはまったく「無味」なものとしか思えないのでしょう。塾の授業が自分の好奇心を刺激しないのであれば、その場にいる必要もありません。また、そうであるなら、親の方も無理にそんな塾に通わせる必要もないかもしれません。勉強は決して楽なことではありませんが、分かるようになると面白くなるものですし、その感覚が成長しても子どもにとって大変重要な経験になるのではないでしょうか。大人なら、自分がこの場にいる意味などを理解し我慢することができるかもしれませんが、子どもの年齢が下がれば下がるほど、場にいる意味を理解などできないでしょう。

検索してくれたどり着いてくれた方が塾の先生なら、これはいくらでも工夫ができる問題であると思います。授業が難しいと感じているなら、その子に分かるようにすればいいだけですし、あるいは補習をしてもいいでしょう。塾のルールになじめない子がいるなら、なじめるように「見える化」したり「ゲーム化」したりして、その子に入っていけるようにすればいいだけです。塾は公教育とは違い、親御さんや子どもからすれば、いくらでも「選ぶことができる」訳ですから、それくらいの工夫は当然すべきです。もちろん、塾の方針をねじ曲げたり、妥協する必要はないと思います。子どもが塾の方針を受け入れやすいように、敷居を下げるなど工夫してあげれば、子どもたちは柔軟性がありますから、すっと入ってくるでしょう。

いずれにせよ、塾に通うのは子どもであり、通う本人が「いやいや通う」というのは辛いことです。ただでさえ、学習というのは忍耐や困難がつきまといます。楽して勉強ができるようになるなどあり得ません。であれば、少なくとも子どもが通いたいと思える塾に通う、あるいはそういう塾にしていくことは当然なのではないでしょうか。