ものづくり教室~~色彩陶芸2日目《着彩》

子どもたちの作品を釜から無事に取り出すことができました。割れや破損などがないかなかり不安だったのですが、2人のプロの女性ががんばってくれたおかげで、問題なく色を付ける工程へと移ることができました。

造形の作業でも子どもたちの可能性の奥深さについて、スタッフ全員で感動していたのですが、色つけもまったく同じです。

けっして、「子どもたち」というマスではとらえることができない、やはり1人ひとりの子どもの個性が浮き彫りになっています。

さらに、小学4年生の作品と5年生の作品にはとても大きな違いがある子とも実感いたしました。4年生のものはとても素朴で自由な感じがある一方で、5年生以上になると作品に目的性がでてきて、意識的な作品になってくるようです。

また、中1くらいになると、ぐっと大人っぽい作品になります。

子どもたちひとりひとりの個性も大切ですが、1年1年の子どもの成長ということも大いに感じました。

また、今回の教室を通して、色づけのおもしろさを感じてもらえたのではないかと思っております。色を重ねること、色を混ぜて新たな色を作ること、それを組み合わせて塗っていくこと、、、作業を通じて、いろいろと感じてくれていれば、とてもありがたいです。

また、来年も陶芸教室ができればいいなと思っております。ただ、私の個人的な思惑としては、来年は陶芸とともに、銀細工でアクセサリーづくりをしたいということ、今年の10月か11月くらいに、野焼きで土器を作り、古代人の生活の一端を感じるという企画をしたいと思っています。さて実現できるかどうか。あまり期待せずにお待ちいただければと思います。

※もちろん、ぜひやってほしいという要望があれば、かなり前向きに企画が進むと思いますので、ご意見をいただければ、うれしいです!


スライム時計をつくりました!


ものづくり教室の第2弾として、きょう、スライム時計をつくりました。
好きな色に色づけして、とてもきれいなスライムができました。これまでも、何度もスライムづくりをしてきましたが、子どもたちが何かをつくるのを見るのはとてもいいものがあります。また、作るといっても、スライムづくりは工作ではなく、化学反応を利用したある種の実験ですから、それまでサラサラだったものが、ねばねばベトベトのスライムに変化するのはとても不思議なことです。


今日は、夏休み企画「色彩陶芸」1日目でした!

小学生の部と中学生の部に分かれて、陶芸教室~造形編が無事終わりました。

まず、はじめに私の方から、土を焼くとなぜ固まるのかと焼き物の歴史と現在の話を少しおこない、2人の若い先生の下、造形をスタートしました。

あらためて、子どもたちの造形意欲というのは、すごいものがあります。内部からほとばしる何かがあると言わざる得ません。小学生の部では、あらかじめつくると予定であった土鈴と、俵口小学校の夏休みの課題となっている貯金箱を粘土で作りました。1時間に2つの作品をつくったわけですが、2つめは子どもたちの創作意欲がほとばしり、あっという間に完成しました。

ある子は、自分の頭の中に描かれたものを形作りながら解説してくれたり、またある子は自分の手によって生み出された造形を見て楽しそうに笑い、またある子はもくもくと造形にいそしむ。。。 教室が終わった後、2人の講師の女性と食事をとりながら話したのですが、子どもというのは本当に無限の可能性を秘めているものだと感心した次第です。

このあと、1週間ほど乾燥させ、美楽来の釜で焼き上げます。そして、子どもたちは盆明けにそれぞれの作品と再会し、着彩をしていきます。とても楽しみです。


文章をつくる

From a distance the River cherishes
Creative Commons License photo credit: juliejordanscott

 

 

この夏、子どもたちには文章読解能力と文章作成能力をつけてもらいたいと思っております。

さて、文章作成ですが、文を書くのがきらいな子どもにどうすれば、文を書いてもらうことができるのか。きらいなものをさせることほど、難しいことはありません。

はなゼミでは、まず「箇条書き」短文を書いてもらっています。文章書きなさいと言われると、いやな顔をする子でも、箇条書きで短文と言われるとわりとサッと書いてくれます。次に、それを文章化してもらいます。こうした手順を踏むとけっこう書いてくれます。

つぎに、題材です。

小学生に、日記を書かせると、「何を書いていいか分からない」ということがあります。「昨日、何をしたの?」と聞いても、「普通」と答え、進まないこともままあります。日常の幸せはささやかであっても、当たり前の生活にあると思っていますが、それでもやはりその当たり前の生活をしっかり表現する必要があります。

この夏のはなゼミの読解の授業第1弾では、子どもたちに絵(普通の絵からちょっと意味不明の絵まで)を見せて、それを文章で表現する練習をしました。結構盛り上がりながら、いろいろ書いてくれました。文を書くのが好きな子はもちろんのこと、書くのが嫌いな子でさえ、10行くらい書いてくれ、子どもたちが本来持っている作文能力の大きさを実感いたしました。

さて、はなゼミに通わせていただいている保護者の方は、もし良ければ、子どもに箇条書き作文を見せてもらってください。どんなことをしながら、文章作成の練習をおこなっているのか分かっていただけると思います。


はなゼミの夏期講習会2011 特徴《7》 家庭学習の支援

LEGO Worker
Creative Commons License photo credit: LeftClicker: I like oranges

小学生のお持ちのご家庭で、

「塾に通わせたいが、子どもが行きたがらない」

「塾に通わせるほどではないが、夏休みにもう少し勉強してもらいたい」

などないでしょうか。

はなゼミでは、そうしたご家庭のために、夏休みの間の学習計画をつくり、週に1回の割合で学習の進度のチェックや学習のアドバイスなどさせていただきます。夏休みの間の家庭学習の支援をおこないます。

テキストは、市販されていない塾用教材を使用いたしますので、安心の内容です。

対象学年は、小学3年生~6年生までです。ぜひご検討ください。


はなゼミの夏期講習会2011 特徴《6》 せっかくの夏休みなので、何かつくろう!

せっかくの夏休み、この自由時間を使って、勉強することも大事ですが、思い出に残ることもしたいと思っています。

1.世界にひとつのやきものを作ろう!

焼き物の今昔を知ることで歴史と日々の暮らしのつながりを感じることができます。

土をさわってこねること、かたちをつくっていくこと

彩ることなどをとおしてものづくりのたのしさを感じることができます。

大阪芸大で陶芸を学んだ方と、陶芸家を両親に持ち土にふれて育った方、2人の女性講師を迎えます。

2.手作りスライムで、スライム時計をつくる!

好きな色でスライムをつくります。さらに、砂時計のようなスライム時計をつくるのです。

鮮やかなスライムがトローリトローリをたれて、時間を計ることができます。自分のスライム時計で時間を計ってドリルを解くのもおもしろいかも。

 

これらの夏休み企画は、講習会参加の生徒向けになりますので、企画のみの参加はできません。材料費等は別途いただきます。

また、諸事情により、企画が変更する場合もございますが、なにとぞご了承頂いますよう、よろしくお願いいたします。


はなゼミの夏期講習会2011 特徴《5》 がっつり復習のカリキュラム 

Morning Pages: Coffee pot spits heat
Creative Commons License photo credit: juliejordanscott

はなゼミの夏期講習会は、がっつり復習をメインとしたカリキュラムです。

全学年の内容、あるいは1学期の内容がきちんと固まっていない状態で、先取りして2学期内容の学習をしたところで、定着するはずはありません。はなゼミでは、全学年(あるいはそれ以前)や1学期の内容をしっかりと学習してもらいます。そして、応用問題へとステップアップします。

だから、安心して授業を受けていただくことができるのです。

 

 


はなゼミの夏期講習会2011 特徴《4》 振り替え補習 

Bird
Creative Commons License photo credit: cubanjunky

 

はなゼミでは、部活や課外活動を応援します!

だから、遠征や大会なので、どうしても授業が受けられない生徒のために、振り替え補習の時間を用意しています。この時間で、できなかった授業の補習を受けてもらえます。もちろん、病気などでどうしても授業にこれない場合にも振り替え補習を受けてもらえますが、病気はできる限りしないよう、規則正しい生活、規則正しい食事など、心がけてくださいね。

夏休み、思いっきり遊び、思いっきりクラブも、そして思いっきり勉強しよう!!!


はなゼミの夏期講習会2011 特徴《3》 実力確認テスト

Ormbunke
Creative Commons License photo credit: Widerbergs

 

夏休みの勉強の成果を全国学力テストで確認します。そして、はなゼミでは、テストをやらせっぱなしにしません! テスト後に、やり直し勉強会を実施いたします。それは、間違えたところをしっかりと確認し、できるようにしなければ意味がないからです。また、間違えたところをやり直すことで、効率よく力を付けていくことができます。テストが70点だったとしても、のこり30点分がきちんとできるようになれば、100点とれる力を付けることになります。すべてやり直す必要はないのです。

さらに、類似問題集を配布し、間違えたところがちゃんとできるようになったか確認します。これが確実に力を付けていく方法です。


はなゼミの夏期講習会2011 特徴《2》 81時間超の圧倒的授業!

Ocean Shores, WA
Creative Commons License photo credit: SheldonPhotography

 

はなゼミでは、学年に応じた適正な時間数の夏期講習会を実施いたします。

なんと言っても、中学3年生は、受験を迎えます。一昔前とは異なり、高校入試はさほどきびしくはなくなりましたが、それでも志望校に合格するためには、しっかりと学習しなければなりません。入試を突破するためには、まず第1に、中1内容、中2内容をもう一度復習する必要があります。第2に、受験に耐えうる応用力をつけなければなりません。したがって、中3の夏は、気合いを入れて勉強をする必要があります。

はなゼミでは、中3の学習時間を81時間以上取っております。これで十分とはいえないまでも、最低限、受験生に必要な時間であると思っております。中3生にはみっちりと学習してもらいます。

その他の学年においては、復習と読解力の強化、数理的センスの強化をメインに授業を行います。前学年から1学期内容をきっちりと復習することで、さらに上へステップアップがのぞめると考えます。

■小学生■

4年生~6年生 国語、算数、読解総合 計16時間+α

■中学生■

1年生 英語、数学、国語、理科、社会、読解総合 計33時間+α

2年生 英語、数学、国語、理科、社会、読解総合 計42時間+α

3年生 英語、数学、国語、理科、社会、読解総合 計81時間+α

■その他■

補習、学力テストのやりなおし勉強会を行います。確実に学力をつけていきます。