塾で何を学ぶのか~~暗記の仕方ではなく思考力の育成(2)

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%9b%b3(1へ)
さて、もうひとつ、SNSで衝撃的なことを知りました。
それは、右の図1のような図において、斜線部分の面積を求める問題でのことです。この手の問題はよくある問題ですが、工夫をすることで、求めることができます。
ところが、中学受験の算数において、次のような「テクニック」を塾が教えているというのです。
「1辺の0.57倍が斜線部分の面積である」
つまり、1辺が10cmであれば、斜線部分は5.7cm^2とあっという間に答えが導き出されるのです。
しかし、私は、この「テクニック」にとても疑問を感じます。
まず、この問題は、図2のように分解し、おうぎ型の面積から、オレンジ色の直角二等辺三角形の面積を引いて求めるという工夫をして解くという問題であって、0.57倍などという暗記問題ではなありません。また、0.57倍などという数字に意味はなく、そんなことを覚えても無駄な知識でしかないのです。さらには、1辺の“長さ”を5.7倍して、“面積”を求めるということは、数学的には大きな問題ではないかと思います。少なくても、小学生の単位系を正しく定着させることにはなり得ません。
私たちは、何のために勉強しているのか、それは、大人になったときにぶち当たる問題を解決するためだと思っています。異性との付き合いにせよ、アルバイトにせよ、子育てにせよ、会社勤めにせよ、どんなことにおいてもマニュアルや例題を暗記して「解ける」ほど簡単な「問題」にはぶつかりません。やはり、自分の頭で考え、工夫をすべきなのです。
こんな「テクニック」を教えることで、子どもたちは「何を学ぶ」のでしょうか? 一見難しそうに見える問題でも、こうした「必殺技」が必ずあるということでしょうか? 有名塾に入れば、「必殺技」を教えてもらい、簡単に問題が解決できると言うことでしょうか。努力せずとも、簡単に問題解決できる道があるということでしょうか。
いずれにしても、子どもたちの「生きていける力」にはなりそうにはありません。

はなまるゼミナールでは、小手先の「テクニック」は教えません
時々、子どもたちの方から
「○○塾の友だちが、××というやり方が楽だと言ってたので、教えて欲しい」
といわれることがあります。
その××というのが、大切なテーマを含んでいれば、解説するのですが、ほとんどは小手先のテクニックなので、そういう場合は
「それは、暗記物みたいなことで、覚えても仕方ない。君たちは、もっと本質的なことを学び、中学、高校、大学、社会人になっても通用するような勉強をして欲しいので、教えません」
と答えます。
私は、子どもたちには、小手先のテクニックではなく、「生きていける力」になるような「見えない学力」を、はなまるゼミナールで身につけてもらいたいと思っております。


個別に対応する定期テスト対策

img_20161016_135343はなまるゼミナールでは、普段は、10名前後の少人数集団指導で授業をおこなっております。
その上で、定期テスト直前の土日には、10時間ほどの集中した勉強会をおこないます。この勉強会では、教え子の大学生を数名呼び、さらにきめ細やかなテスト対策をおこないます。

今日は、生駒中学、光明中学、生駒北中学の生徒のテスト対策勉強会をおこないました。写真は、中1と中2生14名に対し、4名の講師・チューターが個々の質問や分からないところを指導している風景になります。


中学1年生は初めての定期テストを終えました。

A little bit of summer!生駒中、光明中の中間テストが終わりました。生駒北中の生徒は、もう少しがんばってください。
さて、どれだけ点数を取ってくれるか、心配していた中学1年生。みんなとてもよく頑張ってくれました
テスト2週間前くらいから、毎日、在籍する中1の半数が自習室で勉強しており、とても努力してくれていたのですが、どれだけ結果に反映するか、すこし心配でした。
しかし、子どもたちは、見事、努力を結果へと結びつけてくれました。特に心配していた、勉強が大変な生徒も、高得点をとってくれ、私も嬉しいですが、本人もとても喜んでいました。毎日毎日、自習室で勉強し続けた結果であると、思っております。
1ヶ月後には、期末テストがあります。引き続き、しっかりと努力してもらいたいと思います。もちろん、どんどんテストは難しくなり、努力が結果へと結びつかない場合も出てきます。でも、そんなこと、大人になれば当たり前のこと。すべての努力が結果に結びつくことはないのです。それでも、あきらめずに努力し続けることが大切です。
中学1年生には、そのことを学びつつ、大いに遊び、大いに勉強してもらいたいと思います。

photo by: Martino!

夢を実現するために

以前、夢を実現するためには、努力しなければならない、そして努力するには我慢しないといけないという記事を書きました。

Playing young snow leopards定期テストが終わって、点数がふるわなかった生徒と話すと、よくこういうことを言う子がいます。

「がんばったのに」

がんばったのは、がんばったのでしょう。しかし、結果が出るようにがんばらないと、それは残念ながら、「がんばった」うちには入りません。2時間机の前に座っていても、教科書を眺めているだけでは、時間の無駄です。そんなことをするなら、10分でも教科書を音読した方がはるかに良いに決まっています。

さて、多くの子どもたちを教えていると、プロ野球の選手になる夢を持っている子どもやJリーガーになることが夢の子どもがおります。もちろん、夢を持つことは良いことですし、夢を叶えるためにがんばってもらいたいと思います。では、どの程度、「努力」すれば良いのでしょうか。

たとえば、2014年に、阪神タイガースに入団した新人選手は、6名いるようです。これは、1年に6名しか、タイガースの選手になれないということです。12球団になおすと、1年で7~80名ほどしか、プロ選手になれないことになります。

一方で、2014年の京都大学の入学者は、3024名おります。

子どもたちと話していると、「京大なんて、ムリやあ。どれほど勉強しないとあかんの~」なんて、彼らはいいます。しかし、プロ野球選手になることを思えば、40倍近くもなりやすいのです。同年の大阪大学入学者は、3434名いますので、京大か阪大のどちらかを目指すのであれば、プロ野球選手になるより80倍以上なりやすいと言えます。

京大や阪大が云々と言っているわけではありません。「入学するなんて、難しいだろう、ムリだろう」とつい思いがちな難関大学合格よりも、はるかに門戸が狭いのが、プロ選手の道だということを知ってもらいたいのです。

逆に言うと、もちろん単純には言えませんが、本当にプロのスポーツ選手を目指すのであれば、京大や阪大に合格するための努力よりも、100倍あるいはそれ以上の努力が必要だということです。そして、そうするためには、あらゆるものを我慢しないといけないでしょう。
夢を実現するためには、それ相応の努力(そして、そのために様々なことを切り捨てること)が必要だということです。そして、それは、「なりたい、なりたい」と言っているだけでは、やはり実現されません。

1学期も間もなく終わります。中間テストも期末テストも終わりました。
どれだけ努力できていなかったのか、どれだけ努力していたのか、自分の結果とがんばりを比べ、反省を活かして、夏休みの学習から2学期の学習、そして受験へとつなげて欲しいと思います。

photo by:

すぐに期末テスト!

Studying1学期も2学期も、中間テストから期末テストの間は、1ヶ月ほどしかありません。はなゼミでは、2週間前から、中学別のテスト対策授業に切り替えますから、中間テストから期末テストの間は2週間ほどの通常授業に、2週間のテスト対策という、とてもせわしいスケジュールになります。

中学1年生は、つい数ヶ月前まで小学生だったので、中間テストに向けて一生懸命がんばったのに、もう期末テストがあるの!と思っているかもしれませんが、これが中学生活だということです。もう小学生ではありません。義務教育は、これで終わり。親や先生に甘えることはやめて、自分の将来、夢や希望に向けて、自らの意思を持って、勉強に励んでいってもらいたいと思います。

はなまるゼミナールは、君たちを心から応援します!

photo by: Skakerman

2014年 1学期中間テストの生徒のがんばり

ATR fansはなまるゼミナールでは、生徒1人ひとりがしっかりと努力してくれ、みずからを成長させてくれれば良いと考えておりますので、あえて実績は公表しておりません。ネットなどで公表してしまうと、1人ひとりの子どもという観点が失われ、○○高校という「順位」だけがクローズアップされるのが、イヤだからです。しかし、教室内には公表しておりますので、誰もが見られるようにしております。

ところで、定期テストが終わり、度数分布表が配布された時点で、子どもたちの順位を推定し、お知らせしております。素点だけでは、評価をしにくいため、順位という形で子どもたちの学力を見える形にしています。

先日、中1生が度数分布表を持ってきてくれましたので、順位を推定しました。すると、こんなことが分かりました。

はなゼミに通う生駒中の塾生の2割強が中学内上位20%内にいました。塾生の半数近くが中学内上位30%位内に、そして塾生の2/3が中学校で半分以上の順位に入っていました。中間テスト期間内において、よく勉強してくれておりましたが、その成果が現れているのではないかと思います。1年が終わる頃には、すべての生徒が半分以上の順位に入るようになってもらいたいと思っています。

ちなみに、生駒中2年生においては、塾生の3割が中学内上位20%位内塾生の6割が中学内上位30%位内、そして塾生の9割近くが生駒中生の半分以上に位置しておりますから、この1年で良く伸びてきたと思います。とりわけても、塾生のほとんどが、生駒中の生徒の半分以上の順位の中に入っているということがすばらしいとおもいます。それは、例外なく力をつけてきたということを示しているからです。

中3生の分布表は入手していないので、まだ分析ができてないのですが、がんばってくれていることと思います。

子どもたちにおいては、明るく楽しく、そして時には厳しく、勉強に励んでもらいたいと思っております。

photo by: Libertinus

中間テストが終わりました!

old school中間テストが終わりました。

今年も中学生は、よく自習室に残って勉強してました。

とりわけても、今年入学の1年生ががんばってました。だから、昨年に比べても、毎日、自習室の席がいっぱいでした。

ただ、勉強は、時間をかければ良いというものではありません。やはり効率よく勉強する練習も必要です。

学校や塾でやった内容をまとめなおし、まちがえた問題はできるまでやり直すということが大切です。

そして、最も大切なことは、「点数が取れるように」勉強したのかということです。テスト結果が悪くて、「あんなに勉強したのに……」と言う生徒がいますが、本当に「点数が取れるように」勉強したのかというと「?」の場合が多いです。

来週からテストが返却されてきますが、反省すべきところは反省して、がんばっていきましょう! すぐに期末テストがやってきます!

そうそう、生駒北中はこれからですね! 気を緩めずにがんばりましょう!

 

 

photo by: alamosbasement