自分で勉強するスタイルを身につける

中学校は、中間テストがほぼ終わりましたが、高校生はまだのところが多いようです
なぜ分かるかといいますと、はなまるゼミナールでは、卒塾生に自習室を無料で開放しているため、定期テスト前になると、自習室を使いに来る高校生が増えるからです。
豊中市に「進学塾レサンス」という塾があります。「塾のいらない子どもを育てる」という方針で、塾を営んでおられます。私の考えも全く同じです。
はなまるゼミナールは、「学力を生きる力に」というスローガンをかかがえていますが、それは、単に学力をつけて社会を渡っていくと言うことだけではなく、本質的には「独り立ち」できるようにということがあります。
つまり、塾など周りにサポートしてくれる人がいなくても、きちんと社会で通用していく人を育てていきたいと考えています。
はなゼミでは、小学生から通ってくれる生徒が多いですが、次第次第に、勉強の仕方をつかんでくれます。小6くらいになると、大半の生徒は手取り足取りこちらが指示しなくても、勉強をしていきます。
その結果、高校生になっても、自主的に塾の自習室で勉強する生徒が出てくると思っています。まさに、「塾のいらない子ども」になっているわけです。
塾に通わなくても、勉強する場さえあれば、ちゃんと勉強できるわけですから、こんなに「お得」なことはありませんし、そういう場を求める力も、大切な「生きる力」なのではないかと思っております。


「勉強ができる」だけでなく

先日、駅前で、卒塾生のご両親と偶然、お目にかかりました。
お母さんが、目に涙を浮かべながら教えてくれたのは、今、とても元気で明るく高校に通っているということでした。そして、塾でがんばって良かったと今でも言っているということを教えてくれました。
といいますのは、この生徒は、勉強がしづらい子で、中1の入塾時には漢字はあまり書けない、夏前になってもアルファベットすら書けないという生徒だったのです。
そういう生徒でしたが、がんばって授業についてきてくれ、中3の冬の模試では偏差値が50台後半にまで上がり、志望校に合格したのです。
この子が中学生の時は、ほとんどしゃべらない生徒でした。きっと楽しくはなかったでしょう。いや、実際に彼からも聞きましたが、小学生の時には、中学に入ったら地獄だろうなと思っていたようでした。
ところが、高校生になった今では、小中学校での「暗い」感じとは打って変わって、明るく元気に楽しく通っているというのです。
はなまるゼミナールでは、「学力を生きていける力に。」とテーマにしておりますが、こうして「学力」を身につけた今、しっかりと高校生活を送っていると言う話を聞くと、とてもうれしく思います。まさに、この生徒は、「勉強」ができるとかできないということを超えて、「生きる力に」できているのだろうと思っています。


4期生の祝賀会

先日、はなまるゼミナール4期生の高校合格祝賀会を行いました。3003
私が大手塾を退職後、はなまるゼミナールを開いたのが、5年前。この子たちは、当時、小学5年生でした。この子どもたちには、本当に色々な思い出があります。
まず、生徒が来てくれるのかと不安に思っていた中、一番はじめに入塾してくれた生徒がこの中にいます。
また、小学5年、6年と教えていても、なかなか模試の偏差値が伸びず、自分には小学生を教える力がないのだろうかと真剣に悩んだのも、この子どもたちに対してでした。しかし、立派に志望校合格を決めてくれました。
さらに、この子たちは、とても仲が良かったのも印象的です。みんなよく勉強もしていましたP_20160323_120852が、よくしゃべり、よく笑っていました。この子たちの授業後に、塾の前を通った方の中には、「ここの塾、ほんとうに勉強教えてるの?」と思われる方もいたのではないかと思うくらい、よくはしゃいでました。また、受験期には、笑うばかりではなく、泣く生徒や励ます生徒などもおりました。

彼らが大人になって高校受験を振り返ったとき、ほんの小さな出来事に過ぎないと思います。しかし、とても大きな経験を積んでくれたのではないでしょうか。
祝賀会では、私が彼らをもてなすはずが、お金を出し合って、ホールケーキを用意してくれました。「小さいけれど」と前置きで渡してくれたケーキは、その大きさではなく、とても重たく感じました。そして、サP_20160323_132221プライズは、ケーキだけでなく、終盤には、寄せ書きまで贈ってくれました。
塾講師のお仕事は、けっして楽なものではありません。学校と違い、気に入っていただけなければ、辞めていくだけですし、「点数ではない、大切なのは生きる力だ」なんて言ったところで、成績が上がらなければ、授業料をいただく価値があるのだろうかと日々考えています。P_20160323_134659
しかし、こうして関わっている子どもたちが、さまざまな形でその思いを伝えてくれると、塾講師のお仕事をしていて良かったなあと思います。
はなまるゼミナールは、地域の方の口コミに支えられて、5周年。この春、6年目を迎えます。
これからも、しっかりと地域の子どもたちの指導に励んでいきたいと思っております。


入試前のとある日の出来事から(1)

Study入試が終わり、一段落が着きました。塾講師が休めるのは、子どもたちの進学先が決まった春くらいなもので、少し落ち着いて、新しい学年の子どもたちへの指導方法をもう少し練っていきたいなと思っております。
ところで、県立高校一般入試の前にこんな事がありました。
3月に入ると、学校の授業はお昼で終わるようで、受験生が昼から自習に来ておりました。私は仕事をし、受験生は黙々と何時間も自習をしております。このことが、ふと自分の中学生の時を思い起こさせたのです。
私が塾通いを始めたのは、小学6年生の頃です。当時はまだ、塾に通う子どもはさほど多くなかったと思います。と言いますのも、私自身「塾」という名前を知らず、母親に「予備校に通わせてください」とお願いし、母親から「予備校? あんた、何を言ってるの?」と言われたくらいでしたから。そんな名前も知らないような場所に、なぜ通おうと思ったかといいますと、小学5年生当時の担任が、授業中に寝る先生だったのです。1年間、ほとんど授業が行われず、毎日毎日、NHKの「小学5年生の講座」の映像を見せ続けられました。さほど、勉強が好きではなかった私でも、「これじゃあアカン」と思い、親に頼み込み、小6から塾通いを始めたのです。
その塾では、高校受験が終わった2週間ほどだけ、先生が替わるということが行われていました。そして、そのわずかな間に、とある先生に教えてもらうことになったのです。
強烈な先生でした。実は、その先生は、同級生たちの間では「怖い」先生で有名でした。そして、小6から中1の間のわずか2週間だけ、その先生が担当になると分かったときには、「僕たちはなんと、運の悪いことだろう」と、お互い顔を見合わせていたくらいです。
しかし、授業は全く違っていました。確かに厳しさはありました。しかし、その先生は、とてもウイットに富み、僕たちを大いに笑わせてくれ、そして大いに知的好奇心をかき立ててくれました。その先生が担当だと分かったときには、たいそう「ガックリ」きたのですが、逆に2週間後にはその先生でなくなることに、とても「ガックリ」きておりました。
(つづく)

 

photo by:

樟蔭高校さんの粋な計らい

樟蔭に通う教え子のメッセージ先日、東大阪にある樟蔭高校さんの塾対象説明会があったので、出席してきました。

受付で、名刺を渡すと、塾名を見て、1つの封筒を渡されました。中に入っていたのが、この写真のものです。

この3月に卒塾した生徒のうち、1名が樟蔭高校の高校生になっているのですが、「お世話になった方へ」という題で、彼女が私へのメッセージを書いてくれたのです。

説明会の後での高校の先生方との懇親会で、このメッセージのことを伺うと、「送り出した子どもたちの近況を先生方にお伝えしたくて、はじめました」と言うことでした。小学校にせよ、中学にせよ、高校も、担任の先生はほぼ毎日自分の生徒の顔を見ます。しかし、塾の教師は、なかなか毎日見るということはできません。それでも、教えた生徒は、忘れることはありません。それほど、子どもたちには深い愛情を持ちます。今でも、5年前、10年前に教えた生徒のことを、「どうしてるかな」と思い出すことはたびたびあります。

樟蔭高校の先生方も、日々、自分が担当する子どもたちに愛情を注いでいるのだと思います。だからこそ、塾教師もまた、自分が教える子どもにどれだけの愛情を注いでいるかを想像し、こうした計らいをしていただいたのでしょう。本当に感謝です。

最近は、男子校、女子高の人気は共学に比べるととても低いです。しかし、子どもたちには、男子校か女子高、共学校かという視点だけで志望校を決めるのではなく、自分の将来を考えたときに、何が良いのかという視点を含めて、決めてほしいと思います。

 


教え子からのメール

先日、教え子から無愛想なメールが来ました。

炎色反応の覚え方を教えてください。確か、リアカーなんちゃらって、、、

彼女を教えていたときは、まだゆとり教育カリキュラムだったので、炎色反応などはほとんど教えません。しかし、彼女をはじめ、彼女のクラスは優秀だったために、1度は炎色反応という物質を判断する方法があり、その覚え方は、、、と教えたことがありました。

2年も前に、しかも1度簡単に教えたことをよく覚えていてくれたものです。聞くと、高校2年の現在、化学の試験で覚えないといけないということでした。

私は、塾を経営していてなんですが、塾を100%肯定してはおりません。ひょっとすると、必要悪なのではないかと悩むこともあります。数学にせよ、理科にせよ、国語にせよ、社会にせよ、本来ならばその根本から教えないとならない事柄を、テクニカルに教えすぎてしまうきらいがあるからです。そのことで、子どもたちがみずから悩み苦しむ権利を確実に奪ってしまいます。小学生や中学生の間は、塾教師のような学習コーチのような存在があっても良いとは思いますが、高校、大学と進んでも「学習コーチ」に頼っているようでは、少し寂しい感があります。そんなことを考えると、「必要悪なのか」と矛盾に苦しむことがあるのです。

しかし、中学生では普通なら教えてもらえないようなことがらについて、高校生になって本質的に学ぶようになってから、「そういえば、中学の時に少し習った!」と思い出すことができるというのは、法律で定められた学校ではない「塾」ならではのことです。

そういえば、私自身、高校生のとき、高校の授業を受けながら、「あっ、これ。中学の時、塾で教えてもらった!」と喜んだことがありました。こうした経験があったからこそ、20才から塾で働くようになって、つねに「高校になっても通用するような授業をやろう」と思ってきました。少し深いところを紹介しながらの方が、子どもの好奇心を刺激し、より理解がしやすいのではないかと思っているのです。

教え子からの「炎色反応の覚え方」のメールを受け取り、あらためて初心を顧みております。

photo by: nate steiner

「久保先生2号」

小学生の女子から、プレゼントをもらいました!
「久保先生2号」だそうです(^^)


ふくよかな顔に、メガネ、めっきり広くなった額、恥ずかしいほど、よく観察してくれています。

また、台の部分には、「久保先生」と漢字で作ってくれています。歯の部分も細かく表現してくれています。きっと、時間がかかったでしょう。本当にうれしい限りです。
彼女にとっては、私は笑っている印象が強いのでしょうか。でも、彼女が中学生になったら、ちょっと厳しくすることもあると思いますが、基本は笑顔で授業をしたいのだということを忘れないで欲しいものですicon_biggrin.gif

それにしても、教えている子どもから、こうしたものをもらうのは、何年やっていてもうれしいものです。感謝!


愚者は賢者に学ばず、賢者は愚者にも学ぶ

DSC_3905
Creative Commons License photo credit: phil41dean

 

 

イギリスのことわざにこんな言葉があるそうです。

愚者は賢者に学ばず、賢者は愚者にも学ぶ。

これまで20年あまり、本当に多くの子どもたちと出会ってきました。20代に教えた子どもの中には、芸能界で活躍している子もいたりします。
私は、授業中に「くだらない」話をしたりするのも結構好きなのですが、子どもたちを見ていると、その受け止め方に大きな違いがあります。
もっとも多いのは、(1)単純に笑ってくれる子ですね。そして、(2)真剣な顔をして「くだらない」話を聞いてくれる子(3)まったく相手にせずムシする子の大体3グループに分けられます。
第1グループの子どもたちは本当に子どもらしく、笑ってくれるので、こちらもたいへんにうれしくなります。
第2グループの子どもは、今にも「くだらない」話をメモしそうな勢いで真剣に聞いてくれます。もちろん、こちらも授業の流れとはまったく関係なく「くだらない」話をしているわけではありません。実は、流れの中で、意図してやっているわけですから、その意図を見ぬこうぐらいの迫力で聞いてくれるのはうれしい限りです。ただ、できればいっしょに笑って欲しいのが本音ですが。
さて、問題は第3グループです。こうした子どもは、あまり成績が伸びた記憶がありません。クールなんですね。
私は、勉強もできれば、楽しめたらと思っております。一生懸命にがんばって分かるようになってうれしいというのは正当ですが、「緊張と緩和」の授業で「緩和」の部分をもっとフランクに楽しめたら、勉強はますます楽しくなるんじゃないかと思っています。
「くだらない」話は、それはそれで楽しんでもらい、5年後、10年後、あるいは20年経ったときにふと「あっ、あの時のしょーもない話はこんな意味があったのか!」なんて思い出してくれれば、本当に教師冥利に尽きます。


国語力を付ける

Reading
Creative Commons License photo credit: reverses

 

 

この春から、大阪府立大学に通っている教え子がいます。彼は、私が以前勤めていた塾を辞めるというので、食事会を開いてくれたメンバーの1人なのですが、彼が中学生の頃をとても良く覚えています。

中学1年生の頃から塾に通い始めてくれた、勉強も良くできる子でした。塾内テストをしても、常に上位にいるような子どもだったのです。だから、よく覚えているわけではありません。

その彼が、中学3年になり、いよいよ受験だということで猛勉強しはじめ、メキメキと力がついてきて、塾内テストの偏差値もつねに70近くまで上がってきたのですが、国語だけがどういうことが他教科に比べ10ポイントほど低いんです。彼は、読書も良くする子どもで母親もとても心配しておりました。

夏期講習会が終わり、最終日に模試をおこなったのですが、やはり国語だけがとても低いので、母親と本人と相談した上で、受験生用の国語の問題集を1冊渡し、仕上げてもらったところ、数ヶ月後の11月の模試ではあれほど伸び悩んでいた国語の偏差値が70近くまで上がったのです。

こういうことはとてもよくあることです。いったいどういうことでしょうか。

国語の成績を上げるためによく「本を読みなさい」といわれることがあります。もちろん、読書はとても大切なのですが、私の経験上、読書をして国語の成績が上がるなどということはほとんどありません。なぜかというと、ちゃんと理由があります。

まず、本を読むのが好きな子どもでも国語の成績が悪いということがままあるのですが、国語の問題を解くためには、

筆者の意見や考えと自分の思いや気持ちを分けることがとても大切

なのです。読書が好きなのに国語の成績が悪いという子どものほとんどが、こうした「主観と客観」の区別ができず、問題を正しく解くことができません。こうした力が、読解力なのです。

したがって、国語教育をおこなっていく上で、私は「主観と客観」を区別するということがとても大切と思っております。そして、「主観と客観」が区別できてくると、親や教師との会話、他人とのコミュニケーションがとてもうまくいくようになります。なぜなら、自分の気持ちと、相手の気持ちや考えを分けることができるようになるからです。

国語力を付ける第2の課題として、良問をたくさん解くことです。これは、先に書いた「主観と客観」を分ける訓練であるというだけでなく、国語力自体を伸ばすという作用があります。

というのは、日本に生まれ、育っていれば、特に習わなくても、一定程度読めたり書けたりしていきます。これは、英語などの他言語を学ぶこととは違います。母国語でなければ、じっくり学習する必要がありますが、母国語であればじっくり学習しなくても一定程度は読めるわけですから、じっくり学習する必要性はあまりありません。むしろ、一定程度理解できるのであれば、たくさんの文章を読み、国語力を鍛えていくことが早道なのです。

さらに、良問を解くというのは、次のような意味もあります。先に書いたように母国語の場合、特に学習しなくても一定程度読めたり書けたりするわけですから、子どもの国語能力に合った文章を読んでいても何の負荷にもなりません。スルッーと読めてしまえば、国語力を鍛えることにはならないのです。しかし、優れた問題にある文章は読んでいていろいろと勉強になるようになっています。つまり良問は解けば解くほど、読解力を付けるだけでなく、様々な知識もついていくのです。

はなまるゼミナールでは、秋から、子どもの国語力に応じたテキストを用いた良問の多読演習をオプションとして、おこなう予定です。無学年で進級式で演習をおこなうことで、比較的短時間に国語力・読解力を上げられると自負しております。

現在、調整中ですので、決まり次第、このブログ上でご報告させていただきます。


地に足ついてがんばっていれば、いつかいいことがある!

Leigh Farmland
Creative Commons License photo credit: Abaconda

 

昨年、とてもうれしい出会いがありました。

授業が終わり、片付け掃除をしたあと、終電の地下鉄に乗り席に着くと、向かいに座っていた金髪の若い女の子が、私の方にほほえみながら向かってきたのです。

私にほほえむ女の子なんて、教え子しかないと思ってよく顔を見ると、思い出しました。Aさんなんです! 私は、自慢にはなりませんが、記憶力はとても悪い方です。しかし、不思議ですね。教え子のことはほんとうによく覚えています。

このブログにも何人かの教え子の話を書いていますが、優等生ばかりですよね。それは、優等生が好きだからではありません。勉強がそこそこできる子は高校、大学と進むにつれ、希望も現実化し、「あっ、先生に会いに行こう」なんて思ってくれることも多いのですが、あまり勉強ができない子はやはり自信もないので、なかなか会いに来てくれないのです。だから、卒業後、会うこともあまりありません。

Aさんは、中学生の頃はまったくといっていいほど勉強ができませんでした。一生懸命教えました。こんなに教えてるのになんでやとイライラしたこともありました。だから、できの悪い子ほどよく覚えているのです。そして、大好きなんですね。

頭を金髪にしたAさんと会うのは、まさに中学卒業以来です。高校は、大阪の下の方の公立に進学。彼女が言うには、がんばって卒業して、就職したものの、体をこわしてしまい、1年間病院生活。会社には、その間も籍があり、社長からは復帰を願われていたのだけれど、これ以上迷惑をかけたらいけないということで、退社。現在、「人に言えないバイト」とをしているといってました。

彼女は、中学生の頃の話をついこの間の話のように話してくれました。

なにしろ、彼女は良い子なんだけれど、勉強が本当にできませんでした。学校の先生が、進路指導で

『「○○高校なんて、合格できない。万一、入れても、ついていけない」と厳しくいわれた。悔しかった。だから、高校では卒業はしようとがんばった』

いってくれました。僕は、塾の進路指導で、

「君は、がんばればやれる子だと思う。でも、人に流されるタイプだから、無理してでも少しでも良い高校に入って中でがんばるべきだ」

とはげましていた高校でした。彼女は、そのことを話してくれました。よく覚えてくれていたのです。教師冥利に尽きるというのは、まさにこのことだと思います。当時の彼女の担任のいうとおりの高校に行っていれば、努力もせず、楽な方に流されていったと思います。努力したからこそ、卒業ができ、この就職難といわれる時代に、就職までできたのですから。

彼女は、病気して退社したことを本当に悔しがっていました。しかし、今は夢があるので、その夢に向かってバイトしているといってました。とてもうれしかったです。ぜひぜひ、夢をかなえてほしいなと思っています。