学ぶことは、権利であり義務である

LA Orienteering  Course
Creative Commons License photo credit: vastateparksstaff

 

7月13日付けの『毎日新聞』で、奈良県夜間中学生徒会総会が開かれたという記事がありました。

私は、学ぶということには2つの側面があると思っています。

1つは権利としての側面です。日本国憲法を持ち出すまでもなく、教育を受けることができるというのは万人に認められた権利です。教育を受けなければ見えてこなかったものも、教育を受ければ見えてくるということがあります。そうすると、自分の人生もより可能性を開くことになります。お父さんやお母さん、あるいは学校の先生から星座の話を聞いて、夜空にうかび星が身近に感じることはけっこうあることではないでしょうか。また、逆に教育があるからこそ、人にだまされたりして悲しい思いをすることも少なくなるのではないでしょうか。そして、何よりも最低限の教育を受け、社会の一員として存在していくということがもっとも大きな意味であるように思います。

2つめに、義務としての側面です。子どもは、将来、社会に出て活躍していくために、義務教育を受けるわけですが、大人にも学ぶ義務があるように思います。それは、自分がより幸せになるために学ぶ、次世代の子どもによい社会を残していくために学ぶ、さらによい社会を建設していくために学ぶという側面です。学ぶことで、いろいろ発見することができ、人生もより楽しいものになるでしょう。

私は、子どもたちには、僕たちは死ぬまで学び続けるんだよといいます。学ぶということを「学校」に縮めてしまうと、たとえば高校入試がそれ自体が目的化してしまったりします。中3生と受験勉強をがんばり、合格したのち、「高校に入ってもがんばるんだよ」なんていうと、「え~、まだ勉強するの」なんていう生徒が時々います。しかし、当然のことですが、入試はひとつの区切りであり、目的ではありません。とりわけても、高校中退の割合が2%を超えると聞くと、やはり、高校に入学することが目的ではなく、そこから先を見据えていくことがとても大切であると思います。だから、子どもたちにははじめから、死ぬまで勉強なんだといっているわけです。

さて、何らかの事情が、困難な状況があって、学べなかった人たちが、「学びたい」と夜間中学校で学ぶ。すばらしいことであると思います。近年、夜間中学校の役割は終えた、あるいはきわめて小さくなってきたという風潮があるように思えます。しかし、私はそうは思いません。現代社会は、物質的にはとても豊かになっている反面、人間社会はより複雑になり、学べなかった人は存在し続けると思います。それを「教育を受けなかった」個人の責任として投げ捨てるのではなく、社会を建設する一員として包み込める「大人の義務教育」として、夜間中学校は必要だと思うわけです。

大人も子どもも、社会で暮らし、人との関わりの中で生きている以上、教育を受けることはなくてはならないことですし、だれもその権利を奪うことはできないと思っております。