明けましておめでとうございます。

明けまして、おめでとうございます。
はなまるゼミナールは、2017年で7年目を迎えます。
多くの方々からご支持をいただき、教室を維持させていただいております。本当に感謝の念に堪えません。ありがとうございます。
勉強したい、あるいは勉強ができるようになりたいという子どもたちのために、これからも励んでいきたいと思っております。
どうぞ、本年もよろしくお願いします。


県立一般入試まで、あと4日

P_20160309_162220 (448x800)県立一般入試まで、残り4日となりました。

はなまるゼミナールでは、県立の一般入試とボリュームや難易度がほぼ同じくらいの問題を作成し、受験生にさせております。

過去問を繰り返し行い、そして、入試形式で時間を計りながら、さまざまな問題を解くことで、実戦に強い力をつけてもらいたいと思っています。

残すところ、あとわずか。悔いの残らぬように、頑張ってもらいたいと思っています。


「中1ギャップ」を防ぐために

DSC04696少しづつ、暖かくなってきました。
ところで、中学3年生は受験勉強の真っ最中ですが、小学6年生は、中学入学に向けて、学力をしっかりとつけていく時期です。
「「中1ギャップ」を乗り越えるために必要なこと」
http://allabout.co.jp/gm/gc/462322/
中学生にとって、定期テストが中学生活にとって、とても大切になります。それは、高校受験の問題を抜きにしても、定期テストが1つの大きな区切りであることからも分かります。
この記事にもありますが、やはり「中1ギャップ」は、小学生時代の学力が大きな原因となると思います。
さらに、学力を、点数として現れる「見える学力」と、人の話を聞いたり、努力したりする「見えない学力」に分けると、ともに小学時代につける必要があると思います。
「見える学力」としての「点数」は、公立小学校であれば、それほど苦労しなくても取れます。しかし、先生の話を聞いたり、努力して覚えたり理解したりできる「見えない学力」が付いていなければ、中学校の勉強は厳しくなりがちです。
小学生の間に、この2つの学力をしっかりとつけ、中学校生活を円滑に送られるようにしたいものです。

photo by:

いよいよ県立高校の一般入試が近づいてきました!

Future tense9月から、毎週、無料のオプション授業として行ってきた【新傾向・難問克服講座】と【必ず解きたい入試問題講座】は、終了しました。問題集などには載っていない様々な入試問題に触れ、受験生の力(学力面だけでなく、物事の考え方や分析の仕方、あるいは忍耐強く解いたり、自分の知らない「世界」が広がっていることなど)になったと思います。
そして、学年末テスト後からは、「入試直前講座」と銘打った新たなオプション講座を始めます。入試までのわずかではありますが、貴重な土日を使い、1日5時間ほど入試問題を解いてもらいます。

内容は、11月から行っている入試演習で、生徒たちの得意不得意分野のデータがまとまってきましたので、その中から「不得意分野」をピックアップしたものとなります。これは、前回のオプション授業同様に完全オリジナルな問題集で、生徒たちの不得意分野を1つでもなくしていく講座となります。
はなまるゼミナールは、集団指導塾ですが、少人数ですので、今通っている生徒の不得意分野だけを取り出して、特別演習することが可能なのです。こうした細かさは、中規模~大規模塾にはできないことだと自負しております。
そして、20時間以上の講座となりますが、教材費・授業料はいただくことはございませ。それは、兄弟姉妹・口コミで支えていただいているおかげで、広告宣伝費をかけない分、受験生への還元としてあるからです。つまり、本来かけるべき「広告宣伝費がオプション授業料になった」といえます。

あと少し! もう少し! 受験生には、さらに磨きをかけてもらい、志望校合格を勝ち取ってもらいたいと思っております。

photo by:

明けましておめでとうございます。

Looks like the Sky will bleed with Colors tonight @ Marina Bay... Wishing everyone a wonderful evening of fun & excitement! Happy New Year from Singapore!2011年に独立して、個人塾を立ち上げ、この春で4周年をむかえます。

独立当初は、生徒が来てくれるのかなどと不安な毎日を過ごしましたが、今では、ほぼ定員いっぱいの状態で、多くの子どもたちに囲まれていることを心から幸せに思います。

これも、保護者の皆さまはじめ地域の方々の口コミなどによって支えられているからに他なりません。

さて、教育業界では2018年問題とか2020年問題などと言って、その対応が迫られております。はなまるゼミナールにおいても、開塾5年目の2015年には、これまでの方針を若干変更しながら、教育改革の動きに対応していきます。その内容につきましては、現小6の保護者の皆様方には、新中1保護者会で、現中2の保護者の皆様方には新中3保護者会で、その他の学年の保護者の皆様方には別途「2020年問題と方針変更」と題した保護者会を開かせていただき、ご理解をいただく準備をしております。

とりわけても、現小学生が大学受験するときの教育改革ですので、塾の責任は重大であると考えております。

はなまるゼミナールは、定員が各学年10名と限定されているために、満席の学年におきましては、お問い合わせをいただいてもお断りさせていただいております。本当に申し訳ございません。なお、募集学年につきましては、★定員情報★をクリックしていただければ、ご覧いただくことができます。

2015年度は、新小学4年生の枠が少し余裕がありそうですので、もし入塾をご検討されておられる方がありましたら、ご連絡をお待ちしております。3月末から4月頭にかけて、新小学4年生の体験授業も準備しております。

今年も、よろしくお願いいたします。

photo by:

第19回 登校拒否・不登校問題 全国のつどい

来る8月2日(土)~3日(日)、琵琶湖グランドホテルにて、「第19回 登校拒否・不登校問題 全国のつどい」が開かれます。

~語り合おう 学びあおう 子どもたちをまん中に~
ようこそ 母なる湖・琵琶湖 Mother Lakeへ
14年の時を越え、湖国滋賀につどいが帰ってきました。
わが子の登校拒否・不登校に悩む お母さん、お父さん、ともに悩み心をくだいているみなさん、 母なる湖、大きな琵琶湖を見ながら、思いや悩みを語りあいましょう。

申し込みは、6月30日までのようですので、参加ご希望の方は、「登校拒否・不登校問題 滋賀県連絡会」まで問い合わせてみてください。


伸学ゼミの塾長先生が来られました!

Air Dubai makes people happy 個人塾をやっておりますと、どうしてもさまざまな情報が手に入りづらくなります。ですので、私は、さまざまな勉強会やセミナーなどに参加し、保護者の方々や子どもたちへのいろいろな情報を入手するよう心がけております。
ところで、先日、エキテンというサイトからメールが来たので、チェックしたところ、生駒駅前に個人塾がこの春、新たにできたことを知りました。伸学ゼミさんです。
ぜひとも、お近づきになりたいと思い、伸学ゼミの中野先生に連絡を取らせてもらいました。対象としている中学校が同じなので、断られるかなと思ったのですが、快く交流していただきました。
大手塾を退職し、自宅で塾を開くという経過が同じでしたので、お話がしたいと思ったのですが、やはり小中学生への学習指導への熱い思いは変わりません。すばらしい先生でした。
大手には大手の良さがあります。しかし、中野先生の話を聞いていて感じたのは、塾長の思いが直接、子どもたちに伝わるのは小規模~中規模の学習塾だなということです。当たり前といえば、当たり前なのですが、チラシやネットで様々な塾がそれぞれの「方針」を打ち出していて、それを1つの判断として、塾選びをするわけですが、大手はその「方針」がどうしても薄まってしまいます。仕方のないことかもしれません。
はなまるゼミナールも、今年で4年目。何の地縁もないところでの開設で、地域の保護者の皆さまからのご支持の下、続けることができました。
これからも、多くの塾の先生方から学び、通ってくれている生徒へ、地域の子どもたちへ、よりよい指導ができるよう、切磋琢磨していきたいと思います。

photo by: Paul L Dineen

生駒中学、光明中学の中間テストが終わりました

Fotheringhay castle footprint from the past, where a Queen was beheaded今日で、生駒中学、光明中学の中間テストが終わりです。
今年入学した中学1年生を始め、本当によく勉強してくれました。
テスト1週間前からは、毎日4時過ぎから10時まで、自主的に自習室でずっと勉強している生徒もいて、本当に頼もしい限りです。テスト直前の土日には、複数名のチューターも参加し、両日合わせて10時間以上の対策授業もおこないました。はなまるゼミナールでは、普段は、1クラス10名以下の少人数クラスで授業をおこなっていますが、土日のテスト対策では、生徒5~6名に1人の割合でチューターを配置し、よりきめ細かく対策をおこなっております。
この1週間、自習室は、塾生の6割くらいの生徒が常に勉強している状態でした。この努力をずっとずっと続けてもらいたいと思います。
さて、努力ですが、本当ならば、報われる方がいいに決まっていますし、もっと言うと、努力は報われるように努力すべきです。
しかし、なかなかそんなにうまくはいきません。もちろん、中学校程度の学習であれば、比較的努力は報われやすいとは思いますが、努力に比例して点数が取れるかというと、そう甘くはありません。
私は、子どもたちには努力しなさいとは言います。しかし、その結果がついてきていなくても、叱ることはありません。点数が悪いことで、一番ショックなのは、当の本人であって、そこでまたダメ出しする必要はないと思っております。
子どもたちがこれから、大人になっていく上で何が大切かというと、あきらめずに努力することであって、一瞬の結果(子どもの人生と考えると、ほんの一瞬と思いますが)だけをとらえて、一喜一憂することではないと考えます。スポーツ界でも芸術の世界でも、努力すれば誰もが一流の選手やアーティストになれるわけではありません。仕事にしても、そうです。がんばったから、いい仕事ができて、評価されるとは限りません。しかし、それでも、努力はし続けないといけません。
このテストに向けて、子どもたちの多くは、本当によく勉強していました。かなりの部分で報われることはあると思います。しかし、たとえ報われなくても、次のテストに向けて、努力することを促していきたいと思います。
そのようにしながら、一歩一歩、成長し、世の中を渡っていけるようたくましく育ってもらいたいと思います。


2013年 春のチラシできました!

Spring bloom in the desert一部の学年で、定員を満たし募集停止しておりますが、小学生クラスにおいては、中学受験をめざす子どもが移籍した席が空いております。

また、新小学4年生はすでに大半が埋まりましたが、少し席が空いております。

春期講習会の案内も入れております。関心のおありの方は、ぜひご覧ください。
PDF形式でA3版になっております。

↓↓ 春の募集チラシ ↓↓

【A3片面】2013チラシ春

※ご質問等がおありの方は、電話050-5532-7176にかけていただくか、サイト上(←クリック)からお問い合わせいただけます。

photo by: kevin dooley

迎春 まもなく3年目を迎えます

2011年春に、大手塾から独立し、まもなく3年目を迎えます。

地域と何のつながりもない、どこの誰とも分からない人間の立ち上げた塾に、多くの保護者の方々がご支持していただき、ほんとうに感謝の言葉もございません。

この冬、独立して初めての中3生が高校受験を迎えます。入塾してきたときに比べ、学力的にも、精神的にも大きく成長してくれて、とてもうれしく思っております。後は、志望校に合格することを、心から願っております。

また、たいへんありがたいことに、現小3生、現小2生の保護者の方々から、来年、再来年のご予約の問い合わせも多数いただいております。なお、新小4の申し込みに関しましては、現在通っていただいておられる方の兄弟姉妹を優先させていただきますので、なにとぞご了承いただきますようお願いします。

地域の皆様のご期待に添えるべく、これからもいっそう努力を重ねていく次第です。

これからもよろしくお願いいたします。

photo by: ferran pestaña