「学習塾が教育を語るなと言う人もいるけれど」

lisa78_mbasawaru20141018102912_tp_v塾友だちのブログに、「学習塾が教育を語るなと言う人もいるけれど」という記事が上がっておりました。
「学習塾は生徒の成績を上げるのが仕事であって、
学習塾が教育を語るなと言う人もいる」
という前置きから文章が始まっております。
さて、私はここにいくつか疑問を感じます。
まず、第1に、学習塾は「成績を上げるのが仕事である」なんて、誰が決めたのでしょうか。
私は、私塾の良さというのは、公教育のように「文部科学省」や「指導要領」に左右されないことがあると思っております。
つまり、それぞれの塾がそれぞれの理念に基づいて運営できる点が素晴らしいと思っているのです。
「地域の一番高の合格を目指す」という塾があれば、「学力再生を目指す」という塾もあります。はなまるゼミナールのように、単に勉強ができれば良いというのではなく、「学力を生きていける力に」してほしいという願いを持っている塾もあります。
だからこそ、保護者、生徒の方々が、ご家庭の教育方針に合う塾を選ぶことができるのです。
そして、第2に、生徒の成績と教育は切り離せることができるのかという点です。
私は、今、複数種類の心理学の勉強会に通っております。その最大の理由が、保護者、生徒の「良き相談相手」になるという目的からです。
長年、子どもたちを指導していますと、子どもたちの成績が単純に勉強の内容や量だけで左右されるものではないとわかります。
突然、成績が下がったと思えば、その原因がお父さんとお母さんの夫婦仲の悪さだったり、いい感じに成績が上がったと思えば、単身赴任のお父さんが自宅に戻ってきたりと、子どもの成績はご家庭と直結していることがあります。
そういう現実からとらえますと、子どもの成績を上げるためには、勉強だけではないのです。やはり、教育的な側面がたくさん出てくるのです。
先に紹介したブログ記事においても、「本当に教育って何だろう? 勉強って何だろう?」という言葉が出てきますが、親や学校の子育てだけではなく、塾においても、とても大切な視点であると思います。
私は、創塾した6年前も今も、家庭、学校・地域に次ぐ、子どもたちが大きく育つ3番目の場を提供したいと思っております。
子どもは、社会の中で育っていく。
これからも、変わらずこういう立場で塾を運営していくつもりでおります。


音読で分かること

Books, books, books, books, books, books, and books.はなまるゼミナールの基本方針として、国語の授業では必ず音読させるということがあります。子どもたちに音読してもらうだけで、いろいろなことが分かります。

さて、今日、国語の授業の音読でこんなことがありました。ダイコンの辛味の話の一節ですが、子どもに読ませると、次のように読みました。

「ダイコンは、そのまま、じったりしても、あまからくはありません」

「ダイコンをじったり?」「じったりすると、あまからい?」 本人も含めて、みんなで大笑いしましたが、何のことが分かりますか。

原文はこうです。

「そのまま、じったりししても、あまからくはありません」

赤い字のところを読み飛ばしたために、とても面白い文になってしまったのです。「ダイコンをじったりって、どんなの?」「ダイコンって、あまからいの?」と想像しても楽しいのですが、まさに突っ込みどころ満載です。

音読をすることで、子どもたちがいかに読み違いをおこしているかよく分かります。当然のことですが、これでは、正確に文意を理解することは不可能ですし、テストで得点をすることなどできるはずはありません。

保護者の方々と面談をしていても、「うちの子は、読解力がなくて、、、」といわれる方が少なからずおられます。しかし、本当に読解力がない子どもかどうかは別です。そういう子どもに音読させてみると、「読解力の欠如」ではなく、「きちんと読んでいないこと」が国語の点数が取れない原因であることも多々あります。そして、そういう子どもは、授業で音読を繰り返すうちに、国語の点数が上がっていきます。

是非とも、ご家庭で、お子さまのために毎日5分ほど、子どもの音読を聞いて上げる時間を取ってあげてください。そして、きちんと読めていなくても、ダメ出しするのではなく笑い飛ばせるくらいの広い気持ちで訂正してあげてください。半年、1年とやっているうちに、キレイに読めるようになってきます。そして、書いてある言葉通りに読めることで、文意が正確に理解でき、国語力の向上につながります。

photo by:

子どもの可能性を追求する

以前の記事で、かつて私が学習障害の家庭教師をした経験について書きました。幼少の頃に、「大きくなっても言葉も話せない」と医者に診断された子どもの家庭教師を中3~高3までおこない、のちに薬剤師になったことです。
私は常々、このときの経験を反芻いたします。今でも、私の指導原理の「教本」ともなる経験だからです。
彼の母親は、医者に「言葉すら話せるようにならない」と診断されながらも、希望を失わず、可能性を追求し、さまざまな教材や教具を使って、我が子に言葉を教えていきます。私は、彼の母親からそういった苦労話を涙抜きに聞くことはできませんでした。本当に、大変な苦労をされていました。しかし、今、思うのは、彼の母親が常に「我が子の自立」を見据えて努力されていたことです。
彼が幼少の頃、「言葉の獲得」に大変ご尽力なさっておられたのですが、私が家庭教師として雇われたときには、「この子が大人になったときに困らないよう、医歯薬系の大学に入れて、手に技術を付けて欲しいと思っている」と強く言われました。
彼と始めてあったときは、中学3年生の時、当時で彼は自分の住所の漢字すら書くのが怪しい状態でした。しかし、お母さんははっきりと「将来困らないように医歯薬系の大学」とおっしゃられました。
私もその母親の気持ちは痛いほど分かりましたし、そもそも「この子にはムリだ」と子どもの可能性を勝手に決めつけたくありませんでしたから、大変な苦労をしました。もちろん一番大変だったのは、教えられる彼だったと思います。
私が最も気を遣ったのは、彼への「負荷の度合い」でした。体力にせよ、学力にせよ、力を付けるには「負荷」をかける必要があります。しかし、同学年の子どもたちからすると、学力面で何年も遅れている彼にどの程度の負荷をかけるのか、ここが大変苦労しました。彼の学力の遅れに目を向けすぎると進歩の妨げになり、だからといって先を見すぎて「ここまではやらないとアカン」と急ぎすぎると「オレはどうせやってもムダだし、何もわからへんねん」と彼のプライドをつぶし、ひいては伸びる可能性をなくしてしまうかも知れないからです。
彼の現状を正確に把握した上で、どの程度の負荷をかけていくのか、これがすべてと言って良いほどでした。
本当に、苦労して苦労して、高校に合格し、高校3年間もかなりのスパルタで学習を進めました。もちろんスパルタといっても、無理難題をふっかけるわけではありません。しかし、彼にとっては、きっとスパルタそのもので、ムチャクチャがんばってやっとクリアできるかできないかというギリギリの学習を3年間続けました。
そして、その結果、とある私立大学の薬学部に合格しました。現在、薬剤師になっております。
私は、こうしたやり方が良かったとは今でも思っておりません。確かに、「言葉が話せない」といわれた少年が薬剤師になったことは感動的です。しかし、当事者、つまり彼や私にとっては、本当に大変な3年間だったからです。
他にもっと幸せを探る道はなかったのか、あったかも知れません。
しかし、これほどまでにスパルタで学習を進めるのはどうかと思いますが、一定の負荷は必要ではないかと思っております。
最近、こんな話を耳に入れました。
発達障害の我が子を心配するあまり、子どものつまづきを察知し、母親が前もってそれを阻止されるのです。
「これは、我が子にはムリだからやらせない」「最近、学校がストレスになってきているから休ませる」「○○ちゃんと話をすると、こだわりすぎるのでつきあわせない」云々
もちろん、親が一定の防波堤になることは必要だと思います。しかし、あまりにも「荒波」を避けてしまいすぎると、必要な「負荷」まで除去してしまうのではないかと心配してしまいます。
親が我が子の一生を「防波堤」として守り切れるのであれば、それもまたいいかもしれません。しかし、たいていの場合は、親の方が先に死にます。その後、その子は「防波堤」抜きに生きていかないといけないのです。
子どもが子ども時代に、世の中で生きていく、他人と生きていく学習をつんでいかないと、大人になったときからでは遅すぎるのではないかと思います。
はなまるゼミナールでは、発達障害の児童も多数預かっております。そして、集団の中で指導しております。もちろん、他の子とまったく同様に指導はしておりませんが、彼らの「ギリギリ」をつねに意識し成長を促す指導を心がけています。
もちろん「言葉」で言うほどかんたんではありませんし、「正しい答」などありません。

すべての子どもには可能性があり、程度はあれども、その可能性を追求していくことで何かしらの答えが出てくるのではないかと強く思うのです。

photo by: Markusram

《続》子どもの要望をどう考えるか

以前の記事「子どもの要望をどう考えるか」で、テスト直前の授業でやってほしい内容を子どもたちに聞くと書いたところ、次のようなご意見をいただきました。

自分の意見の言える子どもは良いが、言えない子どもはおいてけぼりではないか

こうした保護者の方の気持ちはよく分かります。また、以前の記事の中での保護者からのクレームの内容も、私は上記のようなものではなかったかと思っております。

しかし、子どもの教育を考える場合、10年後、20年後を考えていかないといけないと思うのです。

たとえば、どうしても人前で意見や要望を言うのが苦手であるという子どもがいたとしましょう。その子は、できることなら、中学、高校、大学と年を経るにつれ、しっかりと発言できるようになっていくのが望ましいと私は思います。しかし、どうしてもできなければダメなのか。私は、そうは思いません。中学、高校、大学と経るに従い、「意見や要望を言うのが苦手な自分でもやっていける能力」を身につけていけば良いだけのことだと思います。しかし、自己を表現するのが苦手な子どもが「苦手でもやっていける術」を身につける前に、親が「うちの子はそういうのが苦手なのだから、そういう場をつくるのは止めてほしい」と出てきて、教師がその通りに従えば、その子は、「自己を表現するのが苦手でもやっていける術」を身につけずに終わってしまいます。

しかし、そうした子どもでも、いつかは社会に出るのです。社会に出たとき、あるいは結婚して新たな家庭を築いたときに、「自己を表現するのが苦手でもやっていける術」がなければ、その子はどうなのでしょうか。やはり、他者との関係を築きにくくなり、生きにくくなるのではないでしょうか。

私は、子どもはいろいろな失敗をしながら、たくましさを覚えると思っております。私自身も今思えば、幼少の頃、思い出すだけでも赤面するようなことをたくさんしてきました。そのたびに、親が謝罪してくれたりして、「親としての責任」を果たしてくれていたのだと思うと、申し訳ない限りです。しかし、一方でそのようにしてさまざまな経験を蓄積したと思っております。

子どもがつまずく前に、親が先に出てきて支えてしまえば、子どもは「なぜつまずくのか、どうすればつまずかないですむのか」学ぶことができません

私は、時々、親御さんにこういうことがあります。

自分が会社の経営者、あるいは責任者だとして、自分の子どもを雇いたいと思いますか?

自分の子の成長を見るのに、ひとつの尺度にはなるのではないでしょうか。つまり、雇いたいと思える、あるいはそういう側面があれば、その子は社会で通用できるのです。能力的な側面、人格的な側面、いろいろと判断材料はあると思います。一概には言えないと思いますが、少なくても、つまずいたときにあるいはつまずきそうなときに、自分で判断し、立ち上がっていくような子どもが、この厳しい社会の中でも乗り切っていけるのではないかと思うのです。


ストレスに強くなる

子どものストレスを高める必要性を感じることが良くあります。
子どもたちが成長すればするほど、自分を取り巻く環境が、自分にとって不都合であったり、不快であったりする場面は多くでてきます。そうしたストレスに耐えられなければ、子ども自身、やはり疲れてくると思います。その子が、幼いうちであれば、母親が守ることもできると思いますが、成長してくれば、そうもいきません。
これを書いている今日は、大阪府立高校の後期入試の結果日でした。合格できた子どもは、当然満面の笑みですが、残念ながら不合格だった子どもの中には号泣する子どももおります。がんばってきたのにという思いが大きい子ほど、不合格だったときのショックは大きいでしょう。
しかし、子どもたちにはいいませんが、志望高校の不合格のショックなんて、その後の人生においては、それを上回るショックなど数多くあります。成長とともに、さまざまなストレスになれて、乗り越えていける力、1人でがんばっていける力を小学生高学年~中学生くらいまでに付けたいものです。
具体的にいうと、大変なストレスをむかえたときに、「今、自分はこの状態にある。しばらくは、この状態の中でやっていこう」と、つらい状態にあっても冷静に判断できるようになっていければ、その子は十分なストレス耐性があると言えると言えます。
こうしたストレス耐性を持った子どもは、将来も安心なのではないでしょうか。

photo by: Jerrold

母親の愛情と言語教育

IMG_9655.jpg
Creative Commons License photo credit: Hello Turkey Toe

 

外山滋比古『日本語の個性』という本の中に、次の一説があります。

人間は生まれると母親を中心とする周囲の人たちから言葉の教育を受ける。ところが、この新生児に対する言語教育をいかにすべきか、技術的に確信をもっているおかあさんは一万人に一人もいないであろう。学校の先生になるには、大学で教職の単位を取らなくてはならないが、最愛の我が子の三つ子の魂を決定する言葉の教育には、無資格、無免許のままで臨んでいるんだからおもしろい。それでいて、あまり大過なく母なる言葉、母語を赤ん坊が覚えるのは、母親には限りない愛情があるからだ。言語教育においてはしろうとであるが、愛情によって欠けたところを補っている。

子を産んだ母親が、我が子に言葉を教えるための資格や免許もなしになぜ教えることができるのか。それは、母親の我が子への限りない愛情があるからであるという言葉には、目から鱗が落ちました。そうかもしれません。この本は、日本語について書かれてあるので、言語に絞っていますが、言語のみならず日々赤ん坊を育てるために奮闘されている母親の限りない愛情で、子どもが育っていくのだと思います。
さらに、この本の中で、次のように続きます。

外国人に対する日本語教育についても、この母親の教育は参考になるはずだ。厳しい教師であることよりも、愛情の教師であるほうがはるかに大きな成果をあげうる。もちろん母親のようにはいかないが、、、

つまり、外国人に日本語を教えるためには、厳しい指導よりも、母親のような愛ある教育の方が大きな成果があげられるというのです。
外山氏は、子どもが覚えるようにという視点が書かれていますが、わたしは、教育全般にいえると思います。私が子どもの頃は、よく先生にたたかれたり、正座をさせられたりしました。それを“暴力”という一言で片付けるのには抵抗を感じますが、そうした厳しい指導よりもやはり暖かい指導の方が成果を上げるのではないかと思っております。
教育には、やはり“愛情”が中心であると、改めて感じた次第です。


LDの子どもの家庭教師(3)

私はかなり焦っていました。というのは、親御さんの意向としては、将来的に彼が生活できるように、資格が取れる大学に入れたいというのです。具体的には、医薬関係の大学です。しかし、医薬関係の大学に入るという以前に、英文が読めなければ、どうしようもありません。しかも、来年は3年生、受験生になるのですから、2年のうちになんとか形になるようにしないといけないのです。
この高2の夏に、ひとつの実験をしようと決意しました。時間がたっぷり使えるのは、夏休みしかありません。しかも、高2の夏というのは、最後のチャンスです。何かというと、これまでは、高校で使用している教科書も当然取り入れて、授業していたのですが、それを辞めて、私が彼のために用意した教材だけを使おうと思ったのです。しかも、英語レベル的には、高校レベルをはるかに下回るものです。これは、ひとつの挑戦でした。
それは、彼に英文をただひたすら前から読ませるという方法でした。たとえば、
I know why he doesn’t want to come here.
という英文があったとします。英語の文型のイメージわかないと、「私は、彼がここに来たくない理由を知っている」という訳にはなかなかなりません。主語になり得る単語(“I”や“he”)が2つあり、述語動詞になり得る単語(“know”や“want”)も2つもあるのです。よくやる返り読みでは、日本語訳になりません。そこで、横に並んでいる単語を1つづつ縦に並べました。そして、1語づつ訳させたのです。
I
know
why
he

という感じです。最初の“I”は、主語であるので、“私は”、次の“know”は“知っている”、だから、つなげると、“私は知っている”。という感じで、一切後ろから返ることなく、ただひたすら前から訳していき、最終的に日本語として訳していく練習を1ヶ月にわたってしました。
はじめは、やはりつい後ろから返ってきて、主語と述語の関係が壊れるのですが、なれてくると、かなり読めてくるんですね。夏休みが終わる頃には、単語さえ分かれば、かなり英文が読めるようになっていました。そして、彼に、その時点で彼の家庭教師をやって2年経っていましたが、
「どう? 英語が分かるようになった?」

と聞くと、彼は恥ずかしそうに

「分かるようになった」

と答えてくれたのです。とてもうれしかったです。
メインは、英語と数学だけを教えていましたが、定期テスト前には、ほぼ5教科教えていました。いちいちこんな感じでしたから、私の授業準備は、膨大なものになっていましたが、先にも書いたように、たいへんいい経験になりました。
最後に、彼は、地方の薬学部に合格しました。その後も、夏休みなどで奈良に帰ってきたときには、教養の数学などを教えたり、大学での授業の聞き方、生活の仕方などをアドバイスしたりしました。そして、地方で一人暮らしをするようになり、休みの日に帰ってきたときに、中学や高校生の時の自分を振り返り、
「今、大学の勉強を自分1人でやっていることを考えると、高校生の時はもっと勉強できたと思う」
と言ったことには大きな感動を覚えました。
幼少の頃、医者からは、大きくなってもまともに会話することもできないと言われていたという彼が、大学の勉強を同級生よりも数倍の時間をかけこなし、その自分を見て、高校生の時の自分を振り返るなんて、どれだけの精神的な成長を遂げたことか。私は、涙が出るほど、うれしかった記憶があります。ひょっとすると、泣いていたかもしれません。

よく、やればできると言います。
しかし、本当にやればできるのです。
ただ、彼が恵まれていたのは、どうしても息子に自立してほしいと願い、苦労して苦労して学習環境を与えてきた母親の存在であると思います。
あきらめずに、そばで励ましてくれる家族がいれば、願いは叶うのです。

 


LDの子どもの家庭教師(2)

そんな彼でしたが、奈良の私立高校に専願で受験し、合格することができました。本当によく努力してくれたと思います。
私は、高校進学までの約束だったのですが、親御さんにも彼にも気に入ってもらえたようで、大学受験まで面倒を見てほしいと頼まれました。これは、私にとって、かなりのプレッシャーであり、半分断りたかったのですが、しかし彼の精神的な成長という意味では、中学3年生の彼よりも高校生の彼の方がぐっと成長してくれるのではないか、そんな彼を見てみたいという気持ちも半分ありました。ずいぶん悩んだ上で、引き受けることにしました。

高校3年間の学習は、本当に大変でした。もちろん、今から考えると、私の塾講師人生の中で、多くのことを彼から学びました。しかし、当時はそんなきれいごとではすまなかったのです。
一番の障害は、彼に合う教材がないと言うことです。とくに英語教材に苦労しました。
一応、高校に合格したといえども、彼の学力は、恐ろしく低いものでした。漢字は読めない、かけない、英単語は読めない、かけない、そんな彼がいきない高校の英語の教科書など、読めるはずはないのです。高校2年生になっても、右と左が分からないから、靴を左右間違えて履く、そんな感じでした。しかし、そういう彼でも、英文を読んでいかないと、試験ができない、単位が取れない、卒業できない。いや、3年後に大学進学を果たさないといけないのです。
しかし、彼の学力レベルに英語教材は、幼児用のしか存在しないのです。私は、彼のプライドを壊さずに、そして彼の精神的な成長を促しながら、学力をつけさせるには、レベル的には幼児用だけれど、大人が使える教材が必要だったのです。探しました。いろいろな本屋に行き、足が棒のようになるくらい、探し歩きましたが、見つかりませんでした。
なければ、これは作らないといけないんですね。私が、「これなら彼に気に入ってもらえる」というものを作らないといけないんです。結果的に言うと、ネットでTIME for KIDSというアメリカの子ども向けのサイトがとても良かったのです。TIMEという雑誌は、みなさんもご存じだと思います。アメリカのニュース誌です。彼の教材作りでいろいろと調べる中で、そのTIMEの子ども版があることをはじめて知ったのです。
TIME for KIDSがとても良いなと思ったのは、アメリカの小学生向けの雑誌であるにもかかわらず、内容がとても良いのです。当時、国際宇宙ステーション計画が始まったばかりだったので、そういう記事が平易な英語で書かれていたり、アメリカ大統領選についての記事があったりと、英語が簡単で、しかし、内容は高校生が読んでもとてもおもしろく、そして彼の精神的な成長を促進できる内容なんです。
さて、いい英語教材は見つかったのですが、次は、これをどのように読ませるかでかなり苦労しました。とりあえず、英語の単語はかろうじて調べられるようになっても、単語が7つ8つをつながったら日本語訳にならないのです。しかし、これは、私も共感できました。関係代名詞なんかでつながった一文は、どこが主語で述語がさっぱり分からない経験が私にもあったからです。そして、これを克服するには、彼が高校2年の夏までかかりました。

《その3へ》

 


LDの子どもの家庭教師(1)

関西大学の研究室にいた頃、大学からもらう給料だけでは生きていけないので、塾の講師をしていました。そのときに、大学関係の紹介で、LDの子どもで高校受験を控えている子がいるのだけれど、家庭教師をしてやってくれないかと紹介されました。
当時、私は、LDという言葉も知りませんでした。日本語では、学習障害というと言われ、知的障害ではないといわれても、まったくピンときませんでした。何の知識もなく、自信もないのに引き受けるわけには、いかないので、大阪の大きな書店に足を運び、いろいろと調べました。
最終的に、家庭教師を引き受けたのですが、そのとき、私が思ったのは、
子どもの精神的な成長を信じ、それに依拠すればかならずやれる
という、何の根拠もない“確信”でした。

彼とはじめてあったのは、彼が中3の時でした。もう間近に高校受験が迫っている瀬戸際でした。
彼は、まず漢字がほとんど書けない状態でした。自分の家の住所ですら、かなり怪しい状態でした。日本語ですらそうですから、英単語などはまったく覚えることはできません。計算はかろうじてできるものの、証明問題になるとからっきしでした。社会にしろ、理科にしろ、言葉が覚えられないし、理由や理屈もかなり厳しいものがありました。
しかし、私も一度預かると言った以上、責任があるため、一生懸命、精一杯教えました。ただし、教えると言っても、はじめに書いたように、私の確認は、彼の精神的な成長に依拠すればいけると言うところにありましたから、がむしゃらに教えるというのではなく、彼にいろいろな話をし、精神的な成長を促しながら、学習を進めるというものでした。
この作業は、たいへんな予習時間を費やすものでした。英語を教えるにも、数学を教えるにも、その単元単元に、彼に伝えたい話を考え、どういうふうに話を組み立てれば、彼に分かってもらえるのか、結局これから彼とのつきあいは大学受験までの4年ほどになるのですが、この間、このことばかりを考えておりました。

《その2へ》