はなまるゼミナールの夏期講習会

1,期間 2012年7月23日~8月31日

2,講習時間および科目

小学4年生 【国語、算数、英語】 1日2時間×8日間(計16時間)

小学5・6年生 【国語、算数、英語】 1日3時間×8日間(計24時間)

中学1年生 【5教科】 1日3時間×12日間(計36時間)

中学2年生 【5教科】 1日3時間×14日間(計42時間)

中学3年生 【5教科】 1日3時間×28日間(計84時間)

※最終日には、全国模試を実施いたします。その後、模試の類似問題演習と解説により、弱点の確認・強化を行います。

※旅行や部活の試合、病欠などには、振替補習を行います。

3,特徴

◎完全復習カリキュラムとなります。先取りはいたしません。それは、確実に土台を作り上げないと、先に進んでも積み上がらないからです。逆に言うと、しっかりと土台を作り上げておけば、先へは進みやすくなります。

◎復習をおえた後、少し難しめの問題演習をおこない、実力をさらにつけます。

(1)小学生の特徴

しっかりと復習すると同時に、応用力を身につけます。また、中学生になって困らないよう、英語学習を行います。

英語カリキュラムは、小4生はゲームをしながら、アルファベットを覚えてもらいます。小5・6生はフォニックスを学び、将来にわたって、困らない基礎力を身につけてもらいます。

(2)中学生の特徴

中1・2生では、今年度から施行された「新指導要領」の膨大な内容をしっかりと理解し、応用できるカリキュラムになります。中3になってから慌てるのではなく、今から出来るだけ、復習していき、来たるべき入試に備えていきます。

中学3年生は、中1~3年前半までの内容を一気に勉強し直す「最後のチャンス」です。このチャンスに84時間もの時間を費やし、入試に備えます。84時間というと、「多い」と思われるかも知れませんが、1教科当たり16時間しかありません。わずか16時間で2年半の内容を復習し直すとなると、けっして「多い」ということはありません。しかし、この84時間を有効に使えば、かならず実力がつくと確信します。