子どもの可能性を追求する

以前の記事で、かつて私が学習障害の家庭教師をした経験について書きました。幼少の頃に、「大きくなっても言葉も話せない」と医者に診断された子どもの家庭教師を中3~高3までおこない、のちに薬剤師になったことです。
私は常々、このときの経験を反芻いたします。今でも、私の指導原理の「教本」ともなる経験だからです。
彼の母親は、医者に「言葉すら話せるようにならない」と診断されながらも、希望を失わず、可能性を追求し、さまざまな教材や教具を使って、我が子に言葉を教えていきます。私は、彼の母親からそういった苦労話を涙抜きに聞くことはできませんでした。本当に、大変な苦労をされていました。しかし、今、思うのは、彼の母親が常に「我が子の自立」を見据えて努力されていたことです。
彼が幼少の頃、「言葉の獲得」に大変ご尽力なさっておられたのですが、私が家庭教師として雇われたときには、「この子が大人になったときに困らないよう、医歯薬系の大学に入れて、手に技術を付けて欲しいと思っている」と強く言われました。
彼と始めてあったときは、中学3年生の時、当時で彼は自分の住所の漢字すら書くのが怪しい状態でした。しかし、お母さんははっきりと「将来困らないように医歯薬系の大学」とおっしゃられました。
私もその母親の気持ちは痛いほど分かりましたし、そもそも「この子にはムリだ」と子どもの可能性を勝手に決めつけたくありませんでしたから、大変な苦労をしました。もちろん一番大変だったのは、教えられる彼だったと思います。
私が最も気を遣ったのは、彼への「負荷の度合い」でした。体力にせよ、学力にせよ、力を付けるには「負荷」をかける必要があります。しかし、同学年の子どもたちからすると、学力面で何年も遅れている彼にどの程度の負荷をかけるのか、ここが大変苦労しました。彼の学力の遅れに目を向けすぎると進歩の妨げになり、だからといって先を見すぎて「ここまではやらないとアカン」と急ぎすぎると「オレはどうせやってもムダだし、何もわからへんねん」と彼のプライドをつぶし、ひいては伸びる可能性をなくしてしまうかも知れないからです。
彼の現状を正確に把握した上で、どの程度の負荷をかけていくのか、これがすべてと言って良いほどでした。
本当に、苦労して苦労して、高校に合格し、高校3年間もかなりのスパルタで学習を進めました。もちろんスパルタといっても、無理難題をふっかけるわけではありません。しかし、彼にとっては、きっとスパルタそのもので、ムチャクチャがんばってやっとクリアできるかできないかというギリギリの学習を3年間続けました。
そして、その結果、とある私立大学の薬学部に合格しました。現在、薬剤師になっております。
私は、こうしたやり方が良かったとは今でも思っておりません。確かに、「言葉が話せない」といわれた少年が薬剤師になったことは感動的です。しかし、当事者、つまり彼や私にとっては、本当に大変な3年間だったからです。
他にもっと幸せを探る道はなかったのか、あったかも知れません。
しかし、これほどまでにスパルタで学習を進めるのはどうかと思いますが、一定の負荷は必要ではないかと思っております。
最近、こんな話を耳に入れました。
発達障害の我が子を心配するあまり、子どものつまづきを察知し、母親が前もってそれを阻止されるのです。
「これは、我が子にはムリだからやらせない」「最近、学校がストレスになってきているから休ませる」「○○ちゃんと話をすると、こだわりすぎるのでつきあわせない」云々
もちろん、親が一定の防波堤になることは必要だと思います。しかし、あまりにも「荒波」を避けてしまいすぎると、必要な「負荷」まで除去してしまうのではないかと心配してしまいます。
親が我が子の一生を「防波堤」として守り切れるのであれば、それもまたいいかもしれません。しかし、たいていの場合は、親の方が先に死にます。その後、その子は「防波堤」抜きに生きていかないといけないのです。
子どもが子ども時代に、世の中で生きていく、他人と生きていく学習をつんでいかないと、大人になったときからでは遅すぎるのではないかと思います。
はなまるゼミナールでは、発達障害の児童も多数預かっております。そして、集団の中で指導しております。もちろん、他の子とまったく同様に指導はしておりませんが、彼らの「ギリギリ」をつねに意識し成長を促す指導を心がけています。
もちろん「言葉」で言うほどかんたんではありませんし、「正しい答」などありません。

すべての子どもには可能性があり、程度はあれども、その可能性を追求していくことで何かしらの答えが出てくるのではないかと強く思うのです。

photo by: Markusram

「子どもを勉強嫌いにする10の方法」

ネットで、子どもを勉強嫌いにする10の方法という記事を見ました。
さて、お子さんを「勉強嫌い」にさせていないか、ひとつの指標としてご覧いただければと思います。
なお、リンク先にその理由等が書かれてありますので、あわせてお読みいただければと思います。

****************************************
1. 子ども部屋にテレビやゲームを置く
2. 無理矢理塾通いさせる
3. 気が向いた時間に夕食にする
4. 顔を見たら「勉強しなさい」と言う
5. 子どもが宿題をやっている時にテレビを見る。
6. 友達と比較する
7. 「だからあんたはダメなのよ」としょっちゅうけなす
8. 成績が伸びないのは先生の教え方が悪い
9. 思い出したように問題集を買い与える
10.子どもの話をいい加減に聞いてあしらう
****************************************

photo by: Skley

生駒中学校 定期テスト対策

生駒中、緑ヶ丘中の中間テスト対策を土曜日、日曜日を使って行いました。1日6時間、2日で12時間になります。

12時間のテスト対策というと、多いように思われますが、1教科あたり2時間強ですから、塾サイドからするとさほど多くはありません。もちろん、子どもたちからすると、「めっちゃ勉強した」ことになるでしょうが、みんなよくがんばってくれました。

今年は、大学生の教え子がチューターとして手伝ってくれ、よりきめ細かいテスト対策授業ができました。後は、子どもたちのもう一踏ん張りだと思っております。

このテスト対策にかつての教え子が何人も来てくれました。今回は、生徒3.5人に講師が1人という割合でテスト対策がおこなえました。

さて、話は変わりますが、昨今個別指導塾が大流行ですが、私は個別指導というのは、生徒:講師が1:1もしくは1:2までではないかと考えております。

しかし、さまざまな個別指導塾のチラシを見ていると、「個別指導」と銘打っていながら、生徒:講師が3:1や4:1、はては7:1なんていうところもあります。講師1人が4人も5人もあるいはそれ以上面倒を見るというのは、もはや「個別指導」ではありません。さまざまな学年の、さまざまな学力の子どもたちを一度にたくさん見れるわけなどありません。それは「個別対応」ともいうべきです。

何が言いたいかといいますと、個別指導を銘打っている「個別対応」塾の中には、講師1人に対して多くの生徒を見ているにもかかわらず、非常に授業料の高いところがあるということです。1:1や1:2であれば、授業料が高くなるのはやむを得ません。しかし、1:4以上になれば、集団指導と変わらなくなりますので、本来的には、それほど授業料は高くなりません。

個別指導塾をお考えの保護者の方におかれましては、ぜひ、講師1人に対して何人の生徒を教えることになるのか、そしてそれで月謝はいくらなのかをぜひともお調べください。


新指導要領と国語の入試問題~その傾向と対策~

中学校では、新指導要領による授業がこの春から開始されています。さて、新指導要領の国語では何が重要視されているのでしょうか。そのポイントは、次の3点にあると考えます。

***************************************************************

1 言語活動の重要性

これまで「留意事項」としてあった「言語活動」が「必須・重要」となりました。

つまり、課題について調べたり、自分の意見を文章として表したり、自分の活動を文章として表すことが「必須・重要」となったのです。さらに、「物事の良さを多くの人に伝えるための文章を書くこと」も追加されています。

2 「交流」についての指導事項の追加

1で書いている「自分の意見」や「報告」を表すだけでは無く、他の人の感想を聞き合ったり、報告し合ったりすることも指導事項として追加されています。

3 伝統的な言語文化に親しむ

日本語の特徴や良さを理解したり、古文や漢文の指導の充実が上げられています。

***************************************************************

すると、こうした新指導要領の内容が入試に反映するとどうなるのか、具体的に、奈良県と埼玉県の公立高校の入試問題を見ていきたいと思います。

平成24年 奈良県立高校の国語の入試問題

春香さんは、次の□内のように学校新聞の記事を書いた。

(次の「 」内の文章が□内)

「バスケットボール部は、二月二十日に行われた地区大会で、創部以来初の三連覇を達成した。

決勝戦では序盤から着実に得点を重ね、終盤までリードを保って、48対30と危なげなく勝利した。校長先生は、「三連覇はすごい。みんなの努力が実を結んだ」とたたえた。

田中陽一主将(二年一組)は、「結果はもちろん、冬の練習を乗り越えたチームの成長を感じとれたことがうれしい。これに満足することなく、次は、今まで優勝経験のない春の県大会を制したい」と力強く語った。」

そして、記事の内容をもとにねらいの異なる次の二つの見出しを考えた。

A バスケ部、新たな歴史を刻む!

B バスケ部、春にも歴史を刻め!

このA,B二つの見出しからどちらか一つを選んでその記号を書き、あなたの選んだ見出しには、どのようなことを伝えようとするねらいがあるか、記事の内容にふれながら書け。

 

さて、まず「問題」はどこに書いてあり、何を問うているのか、しっかりと読まないと理解できない生徒も多いのではないかと思います。

これは、2つの見出しから1つ選び、そのことによって何を伝えようとするのか、自分の意見を書く問題です。さきの新指導要領の内容からいうと、1の「意見」をしっかりと表すことができるのかを見る問題ということができるでしょう。

さらに、平成24年の埼玉県立高校の入試問題も見ておきます。

 

次の意見A~意見Dは、「日常生活の中で、言葉の使い方はどうあるべきか。」という質問に対する意見です。この四つの意見をもとに、「日常生活の中での言葉の使い方」というテーマで意見文を書くことになりました。

この四つの意見A~意見Dの中からあなたの考えに近いものを一つ選びなさい。また、そう考える理由も含めて、あとの(注意)に従って、あなたの意見を書きなさい。なお、解答用紙(2)の指示された空欄に、選んだ意見の記号を書き入れなさい。

意見A 書き言葉も話し言葉も、正しく整えて使うべきだ。

意見B 書き言葉も話し言葉も、細かいことは気にしなくてもいい。

意見C 話し言葉では細かいことは気にしなくてもいいが、書き言葉は正しく整えて使うべきだ。

意見D 書き言葉では細かいことは気にしなくてもいいが、話し言葉は正しく整えて使うべきだ。

(注意)

(1) 段落や構成に注意して、自分の体験(見たこと聞いたことなども含む)をふまえて書くこと

(2) 文章は、十三行以上、十五行以内で書くこと。

(3) 原稿用紙の正しい使い方に従って、文字、仮名遣いも正確に書くこと。

(4) 題名・氏名は書かないで、一行目から本文を書くこと。

 

先の奈良県立高校入試問題もこの埼玉県立高校の入試問題もそうですが、何を選ぶかで正答を出させる問題ではありません。一般的に国語問題といえば、「次のア~エのなかから適当な選べ」とあったら、答えは1つであり、まったくの勘でやっても1/4の確率で正解します。しかし、こうした形式の入試では、Aを選ぼうがBを選ぼうが、まったく自由で、どちらが正しいということではありません。問題は、選んだ選択肢について、「相手を説得させるだけの理屈と文章能力」が問われているわけです。そして、さらにいうと、国語力のない子どもは、そもそもこの問題文を理解し、解答を導き出すことすらむずかしいのではないかと思われます。

また、埼玉県の問題では、注意(1)として「自分の体験をふまえて」意見を書けとしてあり、日常からいろいろな問題意識を持って、意見形成することが問われています。限られたわずかな時間の中で、問題をサッと読み理解し、「体験をふまえて」自分の意見を書くことなどなかなかすぐにできることではありません。まさに日常生活のあり方が問われているといえます。

こうした入試問題をしっかり解いていくためには普段から「なぜか」ということを自分で表現できる練習が必要です。

たとえば、家族で食事に行き、食べたいものを決めるときでも、「誰かが決めたから、私も」ではなく、「これを食べたい、なぜなら~」と自分の意見を持ち、その理由をつねに考えるようにしていけば、少しでも練習になるのではないかと思います。

私たちは、つい「長いものに巻かれてしまう」ことが多々ありますが、今後、ますます国際化が進んでいくことを考えても、しっかりと自分の意見を展開する練習を子どものうちからしておいた方がよいのかも知れません。

photo by: dani0010

金環食@奈良

雲が薄く広がっていたので、写真に残すことができました 🙂


子どもの可能性を開く

少人数制の集団授業形式なので、多くの子どもたちが通ってきてくれております。

はなまるゼミナールでは、まずお母さまのお話を聞き、体験授業を受けていただき、場合によっては本人に「しっかりと勉強する気があるのか」と確認した上で、入塾していただいております。1回授業を受けてもらうと、だいたい、その子の学力や性格などは分かります。当塾では、小学生で2回の体験授業を受けていただき、1週間の宿題の量なども体験してもらって、入塾するかどうかを決めていただいておりますので、2回もその子と会いますと、たいてい理解できます。

ところで、昨年に続き、今年も「学力的にかなり大変な」お子さんを数多く預かっています。しかし、4月から2ヶ月も塾で学習を続けると、かなりの進歩が見られるようになります。もちろん、最もいいのは、学校のテスト類などができるようになることですが、そこまでにはならなくても、「授業の受け方やノートの取り方、質問の仕方」など、本当に多くのことができるようになります。当初、体験授業などに参加していた頃とは格段に進歩しているのに本当に驚くばかりです。

私は、かつて大手塾で教室長として勤務しているとき、保護者の方から兄弟姉妹関係での通塾でいつから通わせたら良いかと質問を受けると、「小学5年くらいからでしょう」とよく答えておりました。本当にそう思っておりました。といいますのも、やはり本格的に学習がむずかしくなるのが小学5年生からだからです。

しかし、昨年、今年と多くの子どもたちを教えている中で、小学4年、5年の頭の柔らかいうちに、いろいろなことを学ぶ大切さを実感しております。とりわけ、そういう時期から、きちんと勉強する中で、子どもの可能性が大きく開いてくることをあらためて実感しているのです。

現在通っている子どもたちが、年を追うごとにみずからの可能性が花開いていくよう、これからも指導に尽くしていきたいと考えております。


『起死回生の家庭教育』

私が通っていた中学校に当時、少し変わった先生がおられました。いろいろなエピソードがありますが、今でも良く覚えていることは、生徒にむかってことあるごとに「三歩下がって師の影踏まず」と説教をされておられました。私は、「尊敬」というものは、「上から押しつけられる」ものではないと思っております。小学6年生のときの担任は授業の大半を「居眠り」される方で、とても「尊敬」できるような教師ではありませんでした。授業は、教室の前に置かれたテレビに流れるNHKの小学講座を見せられることが多かったですし、いまだによく覚えているのは、国語の授業の際に音読をある生徒に当てたまま眠ってしまい、彼は延々と本を読まされたことです。そんな教師に対しても、「三歩下がって、、、」なんてとても思えるものではありません。
私が塾に通うきっかけとなったのは、この先生が担任になると分かった小学6年生のときでした。こうしたことを考えると、やはり「尊敬」の念とは、他人から押しつけられるものでは決してなく、心の奥底から自発的に出てくるものであり、それゆえに非常に尊いものであると思っております。
ところで、私には、3人の恩師がおります。この先生方がおられなければ、今の私はなかっただろうと思うのです。私自身、もういい年になってしまいましたが、今なお、その先生方にお目にかかると、緊張して仕方がありません。
成績不振、受験失敗、イジメ・不登校 起死回生の家庭教育』は、当時、小学6年生の私たちに熱意と愛情を注いで教えていただいた太田明弘先生の本です。
今、はなまるゼミナールには、たくさんに子どもたちが通ってきてくれております。その中には、親御さんが「我が子の学力」をたいへん心配され預けていただいているお子さんが多数おられます。この本を読むと、私の教育にかける思いは、まさに太田先生から伝えられた魂であると実感せざる得ません。
教育に必殺技のようなものはないと思います。しかし、「成績不振」「受験失敗」「イジメ・不登校」そして「子どもの自立」に向けて、悩まれていろ保護者の方には、ぜひご一読していただきたいと思います。何らかのヒントが得られると確信いたします。

子育てや教育において最も大切なことは、どのような崖っぷちに立たされようとも親は希望を失ってはならないということです。親が諦めたら、その段階で子どもの教育は終わってしまいます。いかに失意や落胆が重なろうとも、子どもが大人になるまで、子どもの可能性を信じ、打てるだけの手を打ち尽くすということが大切なのです。『起死回生の家庭教育』「はじめに」より引用

photo by: mshamma

たとえ就活に失敗しても楽観的に生き抜こう

8日付けの読売新聞の記事に「就活失敗し自殺する若者急増…4年で2・5倍に」という記事が出ていました。

就職活動に失敗した10~20歳代の若者の自殺が150人にもなっているというのです。

たしかに、就職活動に失敗するということは大変落ち込むことだと思います。自分という存在が社会に認められていないような気分になります。当の本人でしか分からない辛さであるとはいえ、やはり辛いことです。

若い頃、就活に失敗した後輩から、その辛い気持ちを相談されたことがありました。「自分は、社会に必要がないのか、会社にとって自分という人間は無意味なのか」とかなり落ち込んでいました。しかし、私は、後輩にこう言ったのです。

「会社にとっては、その会社の現時点で欲しい人材を求めるのであって、君自身の能力の問題ではない。だから、落ち込む必要なんかない」

後輩は、自分の就活が失敗したことが自分の能力や人間性に問題があると悩んでいたのですが、考えを切り替えることができたようでした。翌年、無事に就職が決まりました。

もし、悩んでいる若い人がいるなら、私は「就職だけがすべてじゃない、それで君の能力が決まるわけではない」といいたいと思います。たしかに、友人などの就職が決まっていく中、自分が決まらなければ焦ってくると思います。そして、その焦りがやがて自己否定につながっていくこともあると思います。自分というのはこんなにもダメな存在だったのかと責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、長い人生において、就職などはごく一部の側面にすぎないのです。さらにいうと、自分を落とした会社があなたを必要としなかっただけで、他にあなたを必要とする社会など本当はたくさんあるのです。本当にたくさんあるのか、それは今、あなたの目の前に見えていないだけで、やはりたくさんあります。

いわゆる一流といわれる企業だけが、働く場ではありませんし、もっというと、企業だけが活躍の場ではありません。さまざまな社会的集団がそれぞれの役割を果たす中で、この世の中が成り立っていることを考えると、あなたが役立たない社会などあり得ません。

たとえ就活に失敗しても、楽観的に生き抜こう。そうすれば、かならずあなたを必要とする社会に巡り会い、そこであなたは光り輝いていくはずです。


いよいよ1学期の中間テストが見えてきた

新学期も5月に入り、子どもたちは少し落ち着いてきたのではないかと思います。とりわけ、新中学1年生は、なれない中学校生活にも少しづつなじんできたのではないかと思います。

小学校と中学校の何がちがうのか、それはいろいろとあると思いますが、もっとも大きな違いは、中学では「定期テスト」というものがおこなわれ、それによって通知表が決められるということでしょう。生駒中学校では、5月24日と25日に、緑ヶ丘中学校では21日と22日に、1学期中間テストが実施されます。何事もはじめが肝心です。気合いを入れて、テストに臨んでもらいたいと思っております。

さて、開塾2年目の今年は、ありがたいことに全学年にわたりほぼ定員に達しており、多くの生徒に通ってきてもらっております。少人数制のクラス指導とはいえ、それなりに人数が増えてきますと、どうしてもきめ細やかな指導はしづらくなってきます。また、子どもたちがテスト勉強を進めるにしたがって増えてくる疑問の1つひとつに答えるのもなかなか厳しくなってまいります。

そこで、テスト直前の土日演習には、かつての私の教え子をチューターして呼び、1人ひとりの生徒たちの質疑応答などに答えていきたいと思います。学生を雇うと、その分の経費はかかりますが、授業料に上乗せせずにおこないます。ですので、テスト直前の土日演習を存分にご利用いただければと思います。

なお、日時や場所などの詳細につきましては、お子さまを通じてお知らせ致します。

2年目の今年は、昨年よりもさらにいろいろとパワーアップして、指導に励んでいきたいと思っております。定期テスト対策時のチューター導入はその第一弾です。

photo by: srizki

学習費、私立は公立の3・4倍 文科省調査

文科省の「子どもの学習費調査」で、学習費総額の調査がなされました。
幼稚園から高校まで、私立の学校に通った場合、その学習費用は、すべて公立の場合と比べ3.4倍1700万円になるようです。

お子さんが2人いれば、3400万円、3人で5000万円を越えることになるわけです。この額は、幼稚園から高校まですべて私立に通わせる場合ですが、それでもご家庭の負担は大きいものとなります。さらに、この学習費には大学が含まれておりませんので、「うちの子には大学まで通ってほしい」という場合、さらに学習費が大きくなります。もちろん、現在高校卒業者の55%が大学に進学することを考えれば、大学生になって就職するという方がスタンダードになっているといえるわけですから、家計に占める教育費をどうしていくかはとても大きな問題であるといえます。

 子供が幼稚園から高校まで、すべて私立に通った場合の学習費総額は平均約1702万円に上り、すべて公立だった場合(平均約504万円)と比較し3・4倍の開きがあることが10日、文部科学省が発表した平成22年度「子どもの学習費調査」で分かった。公立でも高校受験を控えた中学3年では学習塾代など「補助学習費」に32万円以上かかっていた。文科省では「不況のなかでも子供の教育費は削れない親の心情がうかがえる」としている。

一方、調査実施の22年度から始まった公立の授業料無償化と私立の就学支援金制度を反映し、高校の学習費総額は公立が約39万3000円、私立も約92万3000円と、調査開始以降で最も低くなった。

調査は平成6年度から隔年で実施。公私立幼稚園と小中高校に通う子供を持つ保護者を対象に、授業料や塾、習い事などに年間支出した費用を尋ね、約2万3000人から回答を得た。

学習費総額では、公私間で最も開きがあったのは小学校で、公立の年間約30万4000円に対し私立は約146万5000円で4・8倍、次いで中学校の2・8倍。高校は2・3倍だった。

子供を私立小学校に通わせる保護者は高所得者層に多く、年収1000万円以上の世帯が58・3%、私立中学校でも47・6%に達した。

一方、塾や家庭教師、通信教育代などの補助学習費では、多くが高校受験をする公立の中学3年が、公立の全学年で最も高くなり32万1000円。これに対し、私立小学生は中学受験をする児童が多いことから、補助学習費は小学4年(30万1000円)▽小学5年(42万8000円)▽小学6年(49万3000円)-と高学年になるにつれて増加した。私立では中高一貫制で高校受験の必要がない場合が多いため、中学3年では19万9000円と公立を大きく下回った。

産経ニュース

photo by: hoaln