人生をよりよいものにする十訓

 ネットを見ていると、次のような十訓がありました。

1,人を大切にする人は人から大切にされる

2,友だち関係は相手の長所とつきあうもの

3,人は何をしてもらうかより何が人にできるかが大切

4,勉強では頭を使い、人間関係では心をつかえ

5,あいさつはされるものではなくて、するものだ

6,勉強は言われてするものではなく、探してするものだ

7,分かるだけが勉強ではなく、できることが勉強だ

8,美人より美心

9,言葉で話すのでなく、心で話そう

10,良い人生は、良い準備から始まる

私なりに、子どもたち向けに解きほぐしたいと思います。

 1つ、他人から大切にされたければ、まず自分が他人を大切にしよう。

親から大切にされていない、友だちから大切にされていないと不満に思ってはいないだろうか。

もし不満に思っているのであれば、相手を不満に思うのではなくて、自分を見てみよう。

お母さんを無駄に困らせたりしていないか? わがままばかり言っていないか?

友だちに悪口を言ったり、いじわるをしていないか? 友だちを大事にしたり、やさしくしたりしているか?

もし、心当たりがあるなら、気をつけてみよう。人を大切にする人は、人からも大切にされるのだ から。

2つ、友だち関係や人間関係では、相手の長所をよく見てつきあおう。

友だちの悪いところばかりを見て、不満に思っても仕方が無い。なぜなら、相手の悪いところは、 その相手が「自分が変わろう」と思わない限り、変わることはない。

だから、相手といい友だち関係でいたいのなら、相手の長所とつきあっていけばいい。その方が、 お互い気持ちよくつきあえるよね。

3つ、何かしてもらうことばかり考えるのではなくて、何をしてあげられるかを考えよう。

幼いうちは、お父さんやお母さんにいろいろと「してもらう」ばかりだ。でも、大きくなっても、 「してもらうこと」ばかり考えていては、赤ん坊と同じ。

僕たちは、大きくなったら、世の中、社会の中で働くことになる。そのとき、世の中で「僕の役割 」「私の役割」が大切のだ。けっして「してもらう」のではなく、「何ができるか」が大切だ。

4つ、今僕たちは将来に向けて、勉強している。それは、一生懸命頭を使うことだ。

でも、頭が良くて、頭を使っていれば、世の中で役立つ人間になれるわけではない。

周りに人たちに「心」を使いながら、生きていこう。

5つ、あいさつは心と心をつなぐもの。まずは、自分からあいさつをしていこう。

自分があいさつしないのに、他人からあいさつを求めるなんて、おかしいよね。

6つ、人から言われてする勉強なんて、身につくものじゃあない。

勉強だけでないよね。野球にしても、サッカーにしても、ピアノにしても、何をするにしても、人 から言われてやっているようじゃあ、上達なんかできない。

君は、将来の自分のために今勉強している。そして、大人になったとき、社会で役立つんだ。その ための勉強なんだ。今、一生懸命している勉強が、君の人生を作る。そう考えてみよう。

7つ、そして勉強は当然分かることが大切だけれど、頭で「分かった」と思うだけではない。ちゃ んと「できる」ことが大切だ。自分でしてみる。そして、できるかどうか確認すること。

 ちゃんとやってみよう。

8つ、顔がいいより、心が良いほうが良いに決まってる。

9つ、口先ばかりで、話していても、心がこもっているかどうかは分かるもの。話すときは、ちゃ んと心を込めて話そう。

10つ、君たちのすばらしい人生は、今、その準備がなされている。

今、サボれば、将来の自分はそのサボった分だけの人生を送ることになるだろう。

今、がんばれば、君の将来はその分光り輝くものになるはずだよ。

 10年後、20年後、君たちにすばらしい人生が訪れるように。


教室移転のお知らせ

8月に教室を移転しました。
新住所は、以下の通りになります。
生駒市俵口町722-2
阪奈中央病院バス停すぐ