「中1ギャップ」を防ぐために

DSC04696少しづつ、暖かくなってきました。
ところで、中学3年生は受験勉強の真っ最中ですが、小学6年生は、中学入学に向けて、学力をしっかりとつけていく時期です。
「「中1ギャップ」を乗り越えるために必要なこと」
http://allabout.co.jp/gm/gc/462322/
中学生にとって、定期テストが中学生活にとって、とても大切になります。それは、高校受験の問題を抜きにしても、定期テストが1つの大きな区切りであることからも分かります。
この記事にもありますが、やはり「中1ギャップ」は、小学生時代の学力が大きな原因となると思います。
さらに、学力を、点数として現れる「見える学力」と、人の話を聞いたり、努力したりする「見えない学力」に分けると、ともに小学時代につける必要があると思います。
「見える学力」としての「点数」は、公立小学校であれば、それほど苦労しなくても取れます。しかし、先生の話を聞いたり、努力して覚えたり理解したりできる「見えない学力」が付いていなければ、中学校の勉強は厳しくなりがちです。
小学生の間に、この2つの学力をしっかりとつけ、中学校生活を円滑に送られるようにしたいものです。

photo by: