塾で何を学ぶのか~~暗記の仕方ではなく思考力の育成(2)

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%9b%b3(1へ)
さて、もうひとつ、SNSで衝撃的なことを知りました。
それは、右の図1のような図において、斜線部分の面積を求める問題でのことです。この手の問題はよくある問題ですが、工夫をすることで、求めることができます。
ところが、中学受験の算数において、次のような「テクニック」を塾が教えているというのです。
「1辺の0.57倍が斜線部分の面積である」
つまり、1辺が10cmであれば、斜線部分は5.7cm^2とあっという間に答えが導き出されるのです。
しかし、私は、この「テクニック」にとても疑問を感じます。
まず、この問題は、図2のように分解し、おうぎ型の面積から、オレンジ色の直角二等辺三角形の面積を引いて求めるという工夫をして解くという問題であって、0.57倍などという暗記問題ではなありません。また、0.57倍などという数字に意味はなく、そんなことを覚えても無駄な知識でしかないのです。さらには、1辺の“長さ”を5.7倍して、“面積”を求めるということは、数学的には大きな問題ではないかと思います。少なくても、小学生の単位系を正しく定着させることにはなり得ません。
私たちは、何のために勉強しているのか、それは、大人になったときにぶち当たる問題を解決するためだと思っています。異性との付き合いにせよ、アルバイトにせよ、子育てにせよ、会社勤めにせよ、どんなことにおいてもマニュアルや例題を暗記して「解ける」ほど簡単な「問題」にはぶつかりません。やはり、自分の頭で考え、工夫をすべきなのです。
こんな「テクニック」を教えることで、子どもたちは「何を学ぶ」のでしょうか? 一見難しそうに見える問題でも、こうした「必殺技」が必ずあるということでしょうか? 有名塾に入れば、「必殺技」を教えてもらい、簡単に問題が解決できると言うことでしょうか。努力せずとも、簡単に問題解決できる道があるということでしょうか。
いずれにしても、子どもたちの「生きていける力」にはなりそうにはありません。

はなまるゼミナールでは、小手先の「テクニック」は教えません
時々、子どもたちの方から
「○○塾の友だちが、××というやり方が楽だと言ってたので、教えて欲しい」
といわれることがあります。
その××というのが、大切なテーマを含んでいれば、解説するのですが、ほとんどは小手先のテクニックなので、そういう場合は
「それは、暗記物みたいなことで、覚えても仕方ない。君たちは、もっと本質的なことを学び、中学、高校、大学、社会人になっても通用するような勉強をして欲しいので、教えません」
と答えます。
私は、子どもたちには、小手先のテクニックではなく、「生きていける力」になるような「見えない学力」を、はなまるゼミナールで身につけてもらいたいと思っております。


塾で何を学ぶのか~~暗記の仕方ではなく思考力の育成(1)

woman-1172718_640先日、中1で新しく入ってきた生徒に、塾での英語の勉強の基本を伝えました。それは
問題集などで分からない英単語が出てきたら、必ず意味と発音を調べてくること
ということです。
その意味は、いくつかあります。
まず、分からないことが出てきたときに、人に聞くのではなく自分で調べる癖をつけるということ。そして、辞書は単に調べるだけのものではなく読むものだという気づきを得てもらいたいこと、3つめに調べながらいつの間にかに単語を覚えてしまったいうようにしたいと言うことなどです。
そういう話をすると、ある生徒が、友だちの塾では英単語を5000回書かされたというんです。
そこで、その子に
「うちの塾では、英単語をいっぱい書いてこいなんて言わないけれど、どう?」
と尋ねると
「単語を調べるうちに、覚えてしまっていた。はじめは、単語を調べるのが大変やったけど、今は、そんなに時間がかからないから良い」
と言うのです。
何度も単語を調べるうちに、単語を覚えてしまうだけでなく、辞書を引くスピードも上がっているのです。
暗記について、最近、よく聞くのは、インプットとアウトプットの回数が大切ということです。確かに、時間をかけて単語を何百回、何千回と書くことは、短期記憶としてその場では覚えた感じにはなるかもしれません。しかし、数年続くような長期記憶にはなり得ません。そうであれば、何百回、何千回も書くことは、意味がない、無駄な努力ということになります。
むしろ、単語をその度その度に調べることの方が、インプットとアウトプットが増え、長期記憶に残ることになるのです。

ところで、塾業界では、大学入試改革が、とても話題になっております。戦後一貫してあった、いや戦前からあった「暗記偏重」型の入試問題から、教科を横断し「思考力」型の入試問題への変化です。
この新しい大学入試は現在の中学2年生が大学入試をむかえる時から徐々に導入されそうですが、すでに各都道府県の教育委員会では、高校入試をそれに合わせて「思考力」型に変えてきています。
つまり、暗記偏重型学習では高校の入試問題が解ける時代ではないのです。
とある塾の先生がSNSでこんなことをつぶやいておられました。
「中学校の定期テストが、もう定期テストというレベルを超えている。一般的なテスト対策でクリアできるほど、甘くはない。」
全くその通りだと思います。
「書け! 覚えろ!」
では、大学入試に通用しないだけではなく、高校入試も、そして中学校の定期テストですら、通用しないようになっているのです。
《続く》


「学習塾が教育を語るなと言う人もいるけれど」

lisa78_mbasawaru20141018102912_tp_v塾友だちのブログに、「学習塾が教育を語るなと言う人もいるけれど」という記事が上がっておりました。
「学習塾は生徒の成績を上げるのが仕事であって、
学習塾が教育を語るなと言う人もいる」
という前置きから文章が始まっております。
さて、私はここにいくつか疑問を感じます。
まず、第1に、学習塾は「成績を上げるのが仕事である」なんて、誰が決めたのでしょうか。
私は、私塾の良さというのは、公教育のように「文部科学省」や「指導要領」に左右されないことがあると思っております。
つまり、それぞれの塾がそれぞれの理念に基づいて運営できる点が素晴らしいと思っているのです。
「地域の一番高の合格を目指す」という塾があれば、「学力再生を目指す」という塾もあります。はなまるゼミナールのように、単に勉強ができれば良いというのではなく、「学力を生きていける力に」してほしいという願いを持っている塾もあります。
だからこそ、保護者、生徒の方々が、ご家庭の教育方針に合う塾を選ぶことができるのです。
そして、第2に、生徒の成績と教育は切り離せることができるのかという点です。
私は、今、複数種類の心理学の勉強会に通っております。その最大の理由が、保護者、生徒の「良き相談相手」になるという目的からです。
長年、子どもたちを指導していますと、子どもたちの成績が単純に勉強の内容や量だけで左右されるものではないとわかります。
突然、成績が下がったと思えば、その原因がお父さんとお母さんの夫婦仲の悪さだったり、いい感じに成績が上がったと思えば、単身赴任のお父さんが自宅に戻ってきたりと、子どもの成績はご家庭と直結していることがあります。
そういう現実からとらえますと、子どもの成績を上げるためには、勉強だけではないのです。やはり、教育的な側面がたくさん出てくるのです。
先に紹介したブログ記事においても、「本当に教育って何だろう? 勉強って何だろう?」という言葉が出てきますが、親や学校の子育てだけではなく、塾においても、とても大切な視点であると思います。
私は、創塾した6年前も今も、家庭、学校・地域に次ぐ、子どもたちが大きく育つ3番目の場を提供したいと思っております。
子どもは、社会の中で育っていく。
これからも、変わらずこういう立場で塾を運営していくつもりでおります。


個別に対応する定期テスト対策

img_20161016_135343はなまるゼミナールでは、普段は、10名前後の少人数集団指導で授業をおこなっております。
その上で、定期テスト直前の土日には、10時間ほどの集中した勉強会をおこないます。この勉強会では、教え子の大学生を数名呼び、さらにきめ細やかなテスト対策をおこないます。

今日は、生駒中学、光明中学、生駒北中学の生徒のテスト対策勉強会をおこないました。写真は、中1と中2生14名に対し、4名の講師・チューターが個々の質問や分からないところを指導している風景になります。


涙腺が緩くなってきました。

el140095240_tp_v先日、友人と「年をとってきたせいか、涙腺が緩んできた」という話になりました。
私もずいぶんと涙腺が緩み、若い頃は何が楽しいのか分からなかったマラソン中継ですら、感動で涙することがしばしばあります。
ところで、はなまるゼミナールでは、年に3回(中3生は10回近く)面談をおこないますが、子どもたちとの面談でも、目が潤んでしまうことがあります。
はなゼミには、本当に学校生活がしづらい、勉強がしづらい生徒が多く通ってくれております。そして、そうした子どもたちは、本当に熱心に勉強しております。
がんばっているからこそ、自分の理解が深まっていることが実感できます。私から見ても、力がついてきたなあと心から思うことがしばしばあります。
しかし、それでもなかなかテストでは点数が上がらないことがあります。彼らの特性にテストという審査方法が合わないことも大きな原因だとおもいます。
そうした子どもたちと面談していますと、彼らの
「自分はがんばってきた。そして、その実感もある。しかし、思うように点数や偏差値が上がらない。悔しい。なんでやろ。。。」
という気持ちが痛いほど伝わってくるのです。
もちろん、点数が上がれば幸せになれるのか、偏差値が高いという学校に通うことが立派なことなのかというと、決してそうではありません。
しかし、そうは言っても、学校での成績が無視できるわけではありません。成績が悪ければ、居心地が悪くなりますし、自分を否定的にとらえたくもなることもあるでしょう。
彼らと面談していていつも言うのは、
「君の努力はよく分かっているし、力がついてきたというのも分かっている。そして、思うように点数が取れなくて悔しいだろうなあとも思う。でも、僕がもっとも素晴らしいなと思うのは、君に努力することが身についたこと。それが将来に必ず役に立つと思うよ。」
ということです。
こうした話をしながら、やはりつい涙腺が緩んできます。
しかし、努力は裏切らない。いつに日か、必ず花を咲かせる。これは事実だと思います。
悔しさもエネルギーに変えて、あきらめずに、そして明るく前を向いて歩いて欲しいと思っています。


真の教養を身につけるゼミ

ellyhiganbana-20169275_tp_v先日、生駒駅前にあるリード個別指導さんの「教養ゼミ」に無理を言い、参加させていただきました。リード個別指導さんは、駅前にヤギのヤンくんの看板でもお馴染みの塾です。
代表である岩崎先生の教え子の高校生や大学生を中心に、「学校では教えてもらえない」生きた教養を学ぶゼミです。今の時代、そして世界に向き合い、真にグローバルな人間を身につけていくという講座です。
はなまるゼミナールの方針は、「学力を生きる力に」ですが、まさにその方向性は同じであると感じております。私が、高校生や大学生に混じり、「教養ゼミ」に参加させていただいたのは、ここから学んだことを、はなまるゼミナールの小中学生に伝えたいからに他なりません。
いわゆる成績が上がればいい、偏差値が高い学校に入れば良いという考えを私はとりません。高い学力を身につけても、極端に言えば、犯罪に手を染めてしまえば、意味がありません。社会に出たときに、立派な人間として生きていける力をつけて欲しいと思っております。
さて、先日の「教養ゼミ」では、ハンナ・アーレント「独裁体制のもとでの個人の責任」(『責任と判断』収録論文)を、学生が各パートを担当し、レジュメをつくり、話し合いながら理解を深めていきました。また、カナダに留学中の生徒は、スカイプで参加しておりました。
そして、進め方は、教師が一方的に解説するのではなく、参加者個々人が発表しあう形式です。これは、一方的に解説を受けたり、1人で読み進めたりするより、理解が深まります。他者の思考を聞くことができるというのは、その思考の流れを理解でき、自分の思考と照らし合わせ、より深まります。とても良い勉強になりました。
高校受験、大学受験にこだわらず、こうした学びは、参加している学生に色々な意味で大きな力をつけることになると思います。難しい論文を読み取る力、それをレジュメにまとめる力、そして発表する力、他者から意見を聞き再整理する力、最後に筆者の考えを自分のものにしていき、これからの人生に役立てる力などです。
とても素晴らしい機会を提供していただきました。
リード個別指導の岩崎先生、桝崎先生、そして参加された学生のみなさん、ありがとうございました。


すべての子どもたちが希望を持って

drftgyhuij_tp_vはなまるゼミナールでは、年に数回、全員必須で模擬テストをおこないます。
その目的は、もちろん客観的な学力を見るということはありますが、なによりも子どもたち自身に、自分の成績をみて、いろいろと考えてもらうことにあります。
模試の返却と共に、1人ひとりと時間をかけて面談をおこないます。これも少人数の塾ならではです。面談では、私の方から成績に関して感想を言うのは控えます。成績は、子どもたちのものですから、私は子どもたちから感想を聞き、それに対して、感想を伝えることがほとんどです。
こうして、子どもたち自身が自分の成績について、意見を持ち、目的意識的に学習を進めてくれれば良いと思っております。
さて、今、順次、子どもたちと面談をし、模試の返却をおこなっております。
今回の模試においても、それぞれにがんばってくれているのですが、最も嬉しいことは、小学6年生の全員が偏差値50以上になったことです。
はなまるゼミナールでは、入塾テストがありません。また、勉強のしづらい生徒もたくさん通ってくれております。
この中には、入塾に偏差値が30台~40前半の子どもも少なくありません。
しかし、偏差値が30台~40前半だと、きっと学校生活において、辛い場面が多くなることがあると思います。
こうした子どもたちが1~2年の通塾で偏差値が50台にのるということは、学校生活も楽しいものに変わる可能性があります
人生において、子どもの時間というのは、とても大切です。この時期に、学校生活が楽しいか辛いかでは大きな違いがあります。
そういう意味において、入塾時に勉強が苦手だった子どもが、平均的な学力をつけることは、その子どもの将来においてもとても大切だと思っております。
さらに、小学5年生も、4年生時から通ってくれている子どもは、大きく学力を伸ばしてくれております。
努力すれば、学力が上がり、学校生活が楽しくなるす。そこから、将来への希望のつぼみが大きくなり、培った学力で、社会に貢献できる大人へと成長してくれることを願っております。