ビシバシしごきません!

冬期講習会明けの模擬テストの結果を受けて、全生徒への面談が終わりました。
中3生では、もう受験間際ですが、ほとんどの生徒が自己ベストの偏差値を出してくれました。この時期であるにもかかわらず、中3生9名の内3名が偏差値70を越えてきました。彼らの努力が目に見えます。
こうした成果は、すべて子どもたちの努力にあります。
今日、小6生の面談で、ある女子が
「先生、私、算数が苦手なんです。できるようになりたいので、ビシバシしごいてください。」
と面談で訴えてきました。
私は
「いや、僕は、ビシバシしごきません。ガンバるのは君だし、君がガンバるなら、僕は、精一杯できる限り応援してしていくよ。」
と答えました。
はなゼミでは『させられる』勉強は、極力しないようにしております。「させられる」より「したい」勉強の方が楽しいですし、何より本当の力になると思うからです。
中3生は、これまでの努力を結果につないでもらいたいですし、後輩たちは、自らの希望や夢を叶えるため、努力してもらいたいと思っています。


論理的思考力をつけるということ

先日、林修先生の番組で、数学者の森重文先生がおっしゃっていた言葉がとても重くひびきました。
「経験が役に立たない不確かな時代には、論理しか役立つものがない」
日本の経済を見てみると、人口がどんどん減少し、30年後くらいには1億人を切ると言われています。これは、少子高齢化を示していますが、若い人が減り、年老いた人が増えるということは、消費が減るということを意味します。つまり、経済的には今後ますます厳しくなることを示唆していると言えると思います。
さらに、アメリカ合衆国では、「アメリカ第一主義」を掲げるトランプ大統領が指揮を執ります。日本だけでなく、世界に与える影響は大きいと言えるでしょう。
こうしたことを上げてみて、これからの世界は、ますます「不確かな時代」になっていくのではないでしょうか。安定し、先が読める時代であれば、「経験」が大きな意味を持つかもしれません。しかし、「不確か」であれば、先が読める「論理力」、自ら考え、想像していく力がますます重要になります。
はなまるゼミナールの授業では、極力「覚えなさい」という言葉は使わないようにしています。授業の中で、子どもたちとの対話の中で、子どもたちが「覚える重要性」「考える重要性」を判断してくれることが、彼らの本当の力になるのではないかと考えています。
経験だけに頼ることなく、論理的思考を身につけ、流されずたくましく生きていける大人に成長して欲しいと願っております。