あきらめたら、一生僕は起き上がれないのさ!

私は100回でもまた起き上がろうとチャレンジします。
もしも100回すべて失敗して、私が起き上がることを止めるとしたら、私は二度と起き上がれないでしょう。
でも、失敗してもまたチャレンジするなら、そしてまたさらにチャレンジするならば、それは終わりではないのです。

 ニック・ブイヂチ

ぜひ、一度ご覧ください。


イチローの作文


私は、野球は見ません。しかし、オリックスで活躍し、米メジャーで活躍するイチローは、ほんとうにすごい人だと思っております。
そのイチローが小学6年生の時に書いた作文を子どもたちに紹介しました。
スポーツや芸術分野で成功することはなかなか難しいことですが、しかし、夢を持ち続け、それに向かって努力することはすばらしいことであると思います。そして、思いが強いほど、その思いは実現するのです。

 

 

「僕の夢」 豊山小学校六年二組  鈴木一朗

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるようになるためには練習が必要です。 僕は三才の時から練習を始めています。 三才から七才では半年くらいやっていましたが、三年生の時から今までは三百六十五日中三百六十日は激しい練習をやっています。
だから、一週間中で友達と遊べる時間は五、六時間です。 そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。 そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。 ドラフト一位で契約金は一億円以上が目標です。 僕が自信のあるのは投手か打撃です。
去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。 そして、ほとんどの投手を見てきましたが自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会四試合のうちホームラン三本を打てました。 そして、全体を通した打率は五割八分三厘でした。 このように自分でも納得のいく成績でした。 そして、僕たちは一年間負け知らずで野球ができました。 だから、この調子でこれからもがんばります。 そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。 とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。


『生命を見つめて 手塚治虫』石子順

とりわけ小学生には、読解能力、表現能力を高めてもらうために、たくさんの文章を読んでもらっています。多いときには、1回の授業(55分)で3~4作品くらいの物語や説明文を読んでもらいます。短時間の内に、これだけ、読ませる塾はちょっと珍しいのではないかと思っております。
さて、その中で、興味深い文章がありました。

子どもは、大人からのしんけんなメッセージには、必ず耳をかたむけてくれる感性をちゃんと持っています。しかも、それが夢をかきたてるおもしろいものであれば、どんなに目をかがやかせてくれることでしょう。『平和の探求 手塚治虫の原点』「生命を見つめて——手塚治虫」石子順

私は、あまりマンガは読まない方ですが、数少ない好きな漫画家の1人が手塚治虫です。中学生の頃は、ライフワークといわれた『火の鳥』に夢中になりましたし、『ブラックジャック』の顔がなぜつぎはぎなのか、ピノコって何なのか知ったときには、子どもながらにいろいろ考えました。幼い頃から理科が好きだった私は、『メルモちゃん』も大好きでした。いろいろ手塚作品に親しんで成長してきたにもかかわらず、手塚治虫の評論は読んだことがなかったんですね。こんなことを言っているなんて、とても驚き感動しました。
私は、若い頃から塾講師をやってきていますが、子どもたちにはいろいろな事がらを語ります。私が授業中に話す内容が教室の外に聞こえ、それを聞いたスタッフが「先生って、そんなことも授業で話すのですね」といわれるくらい、いろんなことを子どもたちに話します。
結構、内容的にはむずかしい話しも、半分くらいしか分からなくても良いとおもい、話すことも多いのですが、しかし、子どもたちは、実に真剣に聞いてくれます。その子どもたちの目を見ていると、彼らの強さを感じ、感動することすらあります。
まさに、先に引用した内容は、私が授業中にいろんな話しをして感じることそのままなんです。
子どもは、まさに手塚治虫が言うところの「大人のしんけんなメッセージには必ず耳をかたむけてくる感性」を持っています。これは、子どもの学力レベルや精神レベルという問題でとは異なり、やはり「感性」という言葉がぴったりなものです。
きっと、自分が“生きていく”上で必要なものは取り入れようとする“子どもの本能”のようなものかもしれません。だからこそ、大人がその子にたいして“しんけんに”語りかけたことがらは、必ず耳をかたむけるのでしょう。
これからも、もっともっと子どもたちの「夢をかきたてるおもしろい」ことを、子どもたちに語りかけていきたいと思います。

 


幸せ以外の何かをつかむ!


小学生への私からのメッセージとして,ジョン・ステュアート・ミルの言葉を引用しました。ちょっと小学生向けに言葉をかえています。

しあわせになるためのただ一つの方法は,しあわせになることをめざすのではなく,しあわせ以外の何かをつかみとることだ。

子どもは,夢と希望のかたまりですから,当然にも幸せをめざし,幸せをつかむ権利があります。そして,誰しも,幸せに生きていきたいと願っていることでしょう。
では,どうすれば,幸せをつかむことができるのでしょうか。
私は,子どもたちに,君が幸せになりたいのであれば,幸せそれ自体を希望するのではなく,君がめざす“何か”をつかむことに努力しないといけないと伝えました。“何か”とは何か? まさにそれをつかみとるために,勉強だけでなく,委員会活動やクラブ,習い事,友人や兄弟姉妹と大いに遊んだりしないといけないのです。
さて,もう一言。私は,ひとりの大人として,子どもたちの未来に夢と希望を残していける社会を維持していく責任を,同時に感じております。

 


栄光の勝利に向けて


はなゼミでは、中間テスト対策を先週から始めています。
そこで、中学生にはなまるメッセージを送りました。
“危険もなしに勝つというのは、栄光を伴わない勝利だ”

ピエール・コルネイユ(仏、劇作家)
小学校や中学校くらいのレベルであれば、少し“勘”のいい子であれば、あまり勉強しなくても、けっこうテストができたりします。もちろん、テストの点数がいいこと自体が悪いことではありません。それは、基本的な内容が理解できている証拠ですから、むしろいいことでしょう。
でも、はなゼミに通ってくれる子どもたちには、しっかりと努力した上で、いい点を取ってもらいたいと思っております。きちんと努力して、結果がそれについてきたなら、それこそ大いに賞賛されるべき“栄光の勝利”だといえると思います。

子どもたちには、来る中間テストに向けて、自らがたてた計画表通りに学習を進め、しっかりと結果を出し、成功体験を積み重ねてもらいたいです。