この時期だからこそ、伸ばす作文

はなまるゼミナールの冬期講習会では、中3生は、50時間以上の授業をおこないます。
教科は、5科+作文の6教科をやっております。つまり、夏期講習会と同様に作文に力を入れております。この短い冬期講習会の中で、さまざまなテーマの作文を1人あたり20以上、書いてもらいます。
なぜ、これほどまでに作文に時間をかけるかといいますと、もちろん、作文が入試で必須であることはありますが、自分の考えを整理し、相手に分かるように理論的に表現していくことが、彼らが高校生、大学生、そして社会人となっていく上で、大切であると考えるからです。
また、この時期に作文を練習すると、みるみるうちに上達します。それは、生徒たちの精神年齢がとても高くなっていることに加え、受験生であるゆえに、真剣に作文に取り組むからです。
この1人ひとりの作文をすべて添削し、コメントを加え、また彼らの意見や考えも聞きながら、返却しておりますが、返すごとに、良い作文になっています。
私としては、授業の予習、そして授業の合間を見ながら、200以上の作文を添削し、コメントを考えることは、大変な労力を伴うのですが、この子どもたちの作文能力の進歩、そして、その作文から見える彼らの「思いや本音」を読めることに大変幸せを感じます。
入試まで、あとわずかですが、最後の最後まで、自分の可能性を磨き上げて欲しいと思います。
そして、高校受験という「狭い目標」にとどまらず、社会で立派に活躍できる人間へと自らを鍛え上げて欲しいと思っております。


冬期講習会まっただ中(3)~作文演習

Writing Notes with Grammyたびたび、ブログでも書いておりますが、私は国語力をとても重視しております。それは、単に、読み書きだけではありません。子どもたちとの質疑応答に関しても、しっかりと自分の考えを話せるよう粘り強く指導しております。

とは言うものの、中学生になると、なかなか国語に力を入れてばかりいられません。英語と数学を中心とした授業になります。

そこで、中3生は講習会を利用して、集中的に作文演習を行っております。夏期講習会では作文の基本的なルールや作文を書く上で必要な文法事項を練習しました。そして、冬期講習会では、実践として作文を書いてもらっております。冬講は短いですが、しかしこの間に20本(1本400字)近くの作文を書いてもらうことになります。

ほぼ毎日、2本ほどの作文を提出してもらい、空き時間に添削をしておりますが、子どもたちの成長が手に取るように分かります。添削しながら、彼らの表現の仕方やその幅の広さ、物事の考え方など、たくましさを実感し、とてもうれしく思います。もちろん、志望校に合格することが重要な目標ではありますが、こうして彼らの作文能力、ひいては自己表現能力の成長は、彼らの今後の人生において必ず役に立つものだと、思っています。

中3生にとっては、人生においての初めての受験勉強で、それが無味乾燥なものではなく、彼らの今後にとって大切な成長の1つになっていると思うと、大変うれしく思います。

photo by: