『起死回生の家庭教育』

私が通っていた中学校に当時、少し変わった先生がおられました。いろいろなエピソードがありますが、今でも良く覚えていることは、生徒にむかってことあるごとに「三歩下がって師の影踏まず」と説教をされておられました。私は、「尊敬」というものは、「上から押しつけられる」ものではないと思っております。小学6年生のときの担任は授業の大半を「居眠り」される方で、とても「尊敬」できるような教師ではありませんでした。授業は、教室の前に置かれたテレビに流れるNHKの小学講座を見せられることが多かったですし、いまだによく覚えているのは、国語の授業の際に音読をある生徒に当てたまま眠ってしまい、彼は延々と本を読まされたことです。そんな教師に対しても、「三歩下がって、、、」なんてとても思えるものではありません。
私が塾に通うきっかけとなったのは、この先生が担任になると分かった小学6年生のときでした。こうしたことを考えると、やはり「尊敬」の念とは、他人から押しつけられるものでは決してなく、心の奥底から自発的に出てくるものであり、それゆえに非常に尊いものであると思っております。
ところで、私には、3人の恩師がおります。この先生方がおられなければ、今の私はなかっただろうと思うのです。私自身、もういい年になってしまいましたが、今なお、その先生方にお目にかかると、緊張して仕方がありません。
成績不振、受験失敗、イジメ・不登校 起死回生の家庭教育』は、当時、小学6年生の私たちに熱意と愛情を注いで教えていただいた太田明弘先生の本です。
今、はなまるゼミナールには、たくさんに子どもたちが通ってきてくれております。その中には、親御さんが「我が子の学力」をたいへん心配され預けていただいているお子さんが多数おられます。この本を読むと、私の教育にかける思いは、まさに太田先生から伝えられた魂であると実感せざる得ません。
教育に必殺技のようなものはないと思います。しかし、「成績不振」「受験失敗」「イジメ・不登校」そして「子どもの自立」に向けて、悩まれていろ保護者の方には、ぜひご一読していただきたいと思います。何らかのヒントが得られると確信いたします。

子育てや教育において最も大切なことは、どのような崖っぷちに立たされようとも親は希望を失ってはならないということです。親が諦めたら、その段階で子どもの教育は終わってしまいます。いかに失意や落胆が重なろうとも、子どもが大人になるまで、子どもの可能性を信じ、打てるだけの手を打ち尽くすということが大切なのです。『起死回生の家庭教育』「はじめに」より引用

photo by: mshamma

本気でやるときもちいい

Free Four Teens Jumping in Parking Lot Creative Commons
相田みつをさんの詩です。

なんでもいいからさ
本気でやってごらん
本気でやれば たのしいから
本気でやれば つかれないから
つかれても つかれが さわやかだから
相田みつを

本当にいい詩だと思います。

私は、もう20年以上、塾講師をやっておりますが、年々、子どもたちが「用心深く」なり、「本気で」なにかにとりくめる子が減っているような気がしてなりません。もちろん、子どもたちをそのように育ててしまっているのは、私たち大人がそういう社会を作ってしまっているのが原因であることも忘れてはなりません。

しかし、一方では「社会が問題だ!」ともいっていられません。それとは別の問題として、子どもたちには、何をするにも「本気で」やってほしいと思います。

何事も、本気でやれば、けっこう面白かったりします。また、なんらかの成果があったりします。もちろん、その成果はすぐに出るものもあれば、数年後に気づくこと、気はつかないけれど、子どもの成育において実は影響があったりすることもあります。

本気でやるということは、そういうことじゃないかなと思ったりします。

もちろん、勉強にせよ、スポーツにせよ、本気ですれば、疲れます。しかし、こうした「疲れ」は、けっしてイヤなものではなく、むしろ爽快だったりします。といっても、勉強の場合は、多くの子どもが「いやな疲れ」としてとらえるかもしれません。勉強をがんばって、「爽快な疲れ」にしていくためには、いろいろ方法があると思います。

主体的にいうと、「なぜ勉強しているのか」ということが子どもの中にはっきりしていれば、みずから学習をおこなえるようになり、やり終えたときには達成感をもった疲れになるでしょう。客体的にいうと、やはり親御さんがほめてあげることだと思います。大変集中してがんばったら、「よくがんばったね」といってあげることで、「学習の疲れ」が癒やされるのではないでしょうか。

子どもが子どものうちに、勉強もスポーツと同じように「本気でやるときもちいいんだ」ということを学ばせたいところです。


保護者からの手紙

Track
Creative Commons License photo credit: Velo Steve

私が、教室長をしていた塾を辞めたというので、教え子が手紙をくれました。

その最後に、その子のお母さんが自筆でメッセージを添えてくれていました。本当にありがたいことです。

「娘が大変お世話になりました。家でもよく久保先生の楽しいお話をしていました。高校から個別で理科をしますが、久保先生やったらナァ~と思っていたぐらい大ファンです。お元気で。。。母より」

彼女は、大阪の府立高津高校に進学しました。がんばってほしいものです。