塾講師に聞いた「わが子を行かせたい塾」ランキング(2)

Funny Chinese Child Playing Boy(つづき)

また、生徒への対応のみならず、親御さんへの対応もしかりです。子どもが幼ければ幼いほど、ご家庭の影響を強く受けております。それは、当然のことでしょう。子どもの学習姿勢とご家庭での学習姿勢はやはり強く関係しております
今、はなゼミに通うようになってから、「宿題をすぐにするようになった」「辞書を引くようになった」「いやがらずに勉強するようになった」という生徒が何人もいます。それは、とてもうれしいことなのですが、やはりご家庭のご協力も必要となります。
そのときには、親御さんが少し耳の痛くなる話もせざる得ません。それは、「こんなことを言って、気分を害されて辞められたらどうしよう」とか言うことではなく、その子の将来を考えると、「宿題はすぐにする」「分からないところは、自分で調べる」「間違えたところはやり直す」など、学習の最低限度の「習慣」をつけてあげないといけないのです。そして、そういう「習慣」が付いてくると、自然と成績は上がりますし、本人もうれしくなり、ますますがんばれるという良いスパイラルになってきます。

合格実績の数も、保護者からするとだまされやすいポイントです。
合格実績は、(1)塾生数に対する割合と、(2)塾内競争率を知ることが、本当の塾の力が分かるポイントになります。
(1)について言えば、塾生数が多くなれば、必然的に合格数も増えます。したがって、合格数が多いからと言って、その塾の実力にはなり得ません。たとえば、塾生数1万人の塾からA高校に100人合格(1%の合格率)しても、塾生数100人の塾からA高校に10人合格(10%の合格率)のほうが、本当の実績は良いのです。私が親なら、100人合格の塾より、合格率10%合格の塾を選びます
(2)について言うと、トップ高の合格数を競う大手塾は、ムリな受験を多数おこないます。つまり、模試で合格可能性が10%しかなくても、そんな子どもを10人受験させれば、1人は確率的に合格するのです。もちろん、9人は不合格なのですが、そんなことは塾にとっては関係ありません。なぜなら、子どもの人生、ご家庭の方針に関係なく、トップ高の合格数が大切だからです。
それを見抜くには、塾内競争率を見るべきです。もちろん、トップ高の合格数を競う塾は、そんなものは絶対に開示しないでしょう。なぜなら、一般競争率より、低いことがばれてしまうからです。ムリな受験をさせて、一般競争率より、高いはずなどありえません。真偽はともかく、大阪のとある進学塾などは、一般競争率より2倍も塾内競争率が高いと噂されております。これが本当なら、その塾に通っていない生徒の方が2倍合格していることになります。とんでもありません。

私は、塾は、サービス業ではあってはならないと思っております。しかし、生徒がいなくなれば、塾はつぶれてしまい、経営者をはじめ、社員は路頭に迷ってしまいます。したがって、「サービス業」化していく塾は当然出てくると思います。
かつて私が大阪の大手塾で教室長をしていたときのライバル塾は、次のようなことをしていました。
塾内模試の時に、子どもたちのカンニングを容認するのです。そうすることで、模試の結果が良くなり、その結果を見た親御さんが喜ぶというのです。なぜ、そういうことを知っているかと言いますと、その塾を辞めて、私が教室長をしていた塾に来たときに、教えてくれたからです。そういうことを言う生徒は、複数名いたので、かなり真実に近いのはないかと思っております。
わが子を愛し、将来苦労させたくないという親心は当然です。しかし、表面的な宣伝に目を奪われてしまい、「塾の肥やし」とならないようにしたいものです。

photo by:

塾講師に聞いた「わが子を行かせたい塾」ランキング(1)

Child's Hands in Clay先日、フジテレビのお昼の番組「バイキング」で、「塾講師に聞いた「わが子を行かせたい塾」ランキング」という企画が放映されたようです。

私も見たかったのですが、気づいたときには、すでにその企画が終わっておりました。

ネットで調べてみると、そのランキングとは、

1位 出来ない事を正直に伝える塾
2位 生徒をちゃんと叱る塾
3位 親にもきちんと指導する塾
4位 授業の時の席が決まっている塾
5位 合格数を「%」で表示している塾
だそうです。
私自身、塾講師歴はすでに25年以上になっておりますが、このリストは全くもって同感です。「塾」に聞いて調べたのではなく、ちゃんと「塾講師」に聞いたのだろうなと思います。

子どものことよりも、まず利益が優先になってくると、「できないことを正直に伝える」「生徒をちゃんと叱る」「親にもきちんと指導する」などということはできなくなります。わざわざそんな「危険な」ことをして、辞められては元も子もないからです。とりあえず、親にも子どもにも「聞き心地の良いこと」を言って、退塾を防ぐことができれば、とりあえず利益が確保できます。まさに、「サービス業」の考え方であると思います。

塾は、教育サービス業と言われますが、ではサービス業そのものかと言われると、大きな違いがあります。

サービス業は、顧客に対して「心地よいサービス」を提供する仕事です。サービス料を取るホテルやレストランなどを見れば、より分かりやすいと思いますが、やはり顧客に対して、最高の「居心地」を提供します。そして、その分、サービス料をいただくわけです。それが、サービスの基本ではないでしょうか。

しかし、塾はむしろ逆になります。子どもたちに対して、漢字を覚える、英単語を覚える、計算間違えをしないなどと指導します。そのことは、多くの子どもたちには、「居心地の良い」ことでは決してなく、むしろ「居心地の悪い」ことにちがいありません。小テストなどで悪ければ居残りをさせられたりすることも、けっして「居心地の良い」ことではないはずです。

だからといって、漢字を覚えさせたり、英単語を覚えさせたり、複雑な計算方法を習得させたりしなければ、それは「塾」と言って良いのかという世界になります。もちろん、聞くところによると、子どもたちの「心地よさ」を追求するあまり、その子が「できる」問題ばかりさせ、「不快な」思いをさせないようにしている「塾」もあるようです。しかし、それでは力など付きようがありません。私は、子どもたちが将来、立派に大人となって社会に出たとき、不測の事態に対応できるような生きる力を身につけてあげなければならないと考えております。そのためには、現時点の子どもの学力を固定的に捉えるのではなく、半年後にはここまで伸ばしてあげたい、1年後にはさらに、、、と成長させてあげなければならないと思います。

(つづく)

photo by:

勉強するときは勉強し、遊ぶときは遊ぶ

テスト対策写真140628先日、1学期期末テストが終わりました。
はなまるゼミナールでは、2週間前から中学別のテスト対策授業に切り替え、直前の土日には10時間ほどの特別授業を持ちます。

先週の土日には、生駒中、光明中のテスト対策特別授業をおこないましたが、その際、同業者の方が見学に来られました。

そして、はなゼミでテスト勉強をしている子どもたちを見て、感心して帰られました。

まず、長時間にわたって、よく集中して勉強しているということ。それは、携帯をいじったり、居眠りをしたりする生徒がいないということ。そして、こういう状態が5時間にわたって、継続されるということです。

次に、休憩時間には、ワッと賑やかになるという点を感心しておられました。

私は、こうした感想にありがたいと思うと同時に、子どもたちのこうした学習する姿勢が本当にすばらしいと思います。

はなまるゼミナールでは、入塾テストがありません。つまり、あらかじめ子どもをテストでふるい分けるということはいたしません。このことは、学力的にも、学習姿勢的にも、さまざまな子どもたちが入塾してくるということを意味しております。しかし、1年、2年と通ううちに、このような学習姿勢が生まれ、学力の向上につながっているのです。

子どもたちには、「勉強するときには勉強し、遊ぶときに大いに遊ぶ」というけじめを持ってもらいたいと思っております。
(写真は、先日おこなわれた生駒中・光明中のテスト対策の様子です。)


すぐに期末テスト!

Studying1学期も2学期も、中間テストから期末テストの間は、1ヶ月ほどしかありません。はなゼミでは、2週間前から、中学別のテスト対策授業に切り替えますから、中間テストから期末テストの間は2週間ほどの通常授業に、2週間のテスト対策という、とてもせわしいスケジュールになります。

中学1年生は、つい数ヶ月前まで小学生だったので、中間テストに向けて一生懸命がんばったのに、もう期末テストがあるの!と思っているかもしれませんが、これが中学生活だということです。もう小学生ではありません。義務教育は、これで終わり。親や先生に甘えることはやめて、自分の将来、夢や希望に向けて、自らの意思を持って、勉強に励んでいってもらいたいと思います。

はなまるゼミナールは、君たちを心から応援します!

photo by: Skakerman

中間テストが終わりました!

old school中間テストが終わりました。

今年も中学生は、よく自習室に残って勉強してました。

とりわけても、今年入学の1年生ががんばってました。だから、昨年に比べても、毎日、自習室の席がいっぱいでした。

ただ、勉強は、時間をかければ良いというものではありません。やはり効率よく勉強する練習も必要です。

学校や塾でやった内容をまとめなおし、まちがえた問題はできるまでやり直すということが大切です。

そして、最も大切なことは、「点数が取れるように」勉強したのかということです。テスト結果が悪くて、「あんなに勉強したのに……」と言う生徒がいますが、本当に「点数が取れるように」勉強したのかというと「?」の場合が多いです。

来週からテストが返却されてきますが、反省すべきところは反省して、がんばっていきましょう! すぐに期末テストがやってきます!

そうそう、生駒北中はこれからですね! 気を緩めずにがんばりましょう!

 

 

photo by: alamosbasement

早いもので、もう期末テストです!

I love colors梅雨入りしても、ほとんど雨が降りませんでしたが、ここ数日、今まで降らなかった分までまとまって降っているかとおもうほど、生駒では雨が続いております。

私は、子どもの頃から、雨の音が大好きでした。とくに、激しく降る雨の音にはいつもドキドキしながら、耳をすませておりました。イヤなことも、たくさんの雨で流されるような気がしていたのかもしれません。

さて、中3生には、第1回塾内模試の結果を踏まえて、志望校の確認、今後の勉強方法などを1人ひとりと確認するため面談をいたしました。時間は限られていること、今の自分には、何が必要なのかなど少しは分かってくれたのではないかと思っております。

入学したての中学1年生は、すでに期末テストに向けて自分は何が必要か、それぞれに考えているようです。中間テストの時(彼らにとってははじめての)、1週間前から自習室でがむしゃらに勉強しておりましたが、この期末テストに向けては、10日前から自習室にこもる生徒が出てきました。そして、中間テストでの反省を活かし、工夫をして勉強しているようです。

私は、こうした自律的な学習こそが、彼らの「生きる力」になると確信しております。本当にたくましい限りです。

期末テストは、中間テストに比べ、平均点は下がると思います。同じように努力しても、生徒たちの中には、点数を下げる子どもも出てくるかもしれません。しかし、その悔しさをバネに、これからの学習をいろいろと試行錯誤できれば、それはひとつの大きな糧になるのではないかと思っています。
期末テストまで、あと1週間! 後悔のないよう、全力を挙げて取り組んで欲しいと思います。


生駒中学、光明中学の中間テストが終わりました

Fotheringhay castle footprint from the past, where a Queen was beheaded今日で、生駒中学、光明中学の中間テストが終わりです。
今年入学した中学1年生を始め、本当によく勉強してくれました。
テスト1週間前からは、毎日4時過ぎから10時まで、自主的に自習室でずっと勉強している生徒もいて、本当に頼もしい限りです。テスト直前の土日には、複数名のチューターも参加し、両日合わせて10時間以上の対策授業もおこないました。はなまるゼミナールでは、普段は、1クラス10名以下の少人数クラスで授業をおこなっていますが、土日のテスト対策では、生徒5~6名に1人の割合でチューターを配置し、よりきめ細かく対策をおこなっております。
この1週間、自習室は、塾生の6割くらいの生徒が常に勉強している状態でした。この努力をずっとずっと続けてもらいたいと思います。
さて、努力ですが、本当ならば、報われる方がいいに決まっていますし、もっと言うと、努力は報われるように努力すべきです。
しかし、なかなかそんなにうまくはいきません。もちろん、中学校程度の学習であれば、比較的努力は報われやすいとは思いますが、努力に比例して点数が取れるかというと、そう甘くはありません。
私は、子どもたちには努力しなさいとは言います。しかし、その結果がついてきていなくても、叱ることはありません。点数が悪いことで、一番ショックなのは、当の本人であって、そこでまたダメ出しする必要はないと思っております。
子どもたちがこれから、大人になっていく上で何が大切かというと、あきらめずに努力することであって、一瞬の結果(子どもの人生と考えると、ほんの一瞬と思いますが)だけをとらえて、一喜一憂することではないと考えます。スポーツ界でも芸術の世界でも、努力すれば誰もが一流の選手やアーティストになれるわけではありません。仕事にしても、そうです。がんばったから、いい仕事ができて、評価されるとは限りません。しかし、それでも、努力はし続けないといけません。
このテストに向けて、子どもたちの多くは、本当によく勉強していました。かなりの部分で報われることはあると思います。しかし、たとえ報われなくても、次のテストに向けて、努力することを促していきたいと思います。
そのようにしながら、一歩一歩、成長し、世の中を渡っていけるようたくましく育ってもらいたいと思います。