小学校内容の学習が高校入試を左右する

Ecological cycle seminar先日、塾用の教材会社主催の高校入試分析会に参加してきました。

そこで、さまざまな情報が提示されたのですが、その中のひとつを紹介したいと思います。

とある県の高校入試問題で、毎年小学生算数内容の問題を出題し、どのくらい誤答があるか測定しています。

すると、2009年度「1/6+3/8÷7/8」という問題では誤答率は7.8%でした。この春おこなわれた2013年度「1/6+3/4÷5/2」という問題では、誤答率が15.9%あるのです。単純化すると、受験生の7人に1人以上は、この分数の四則混合の計算を間違えているのです。

この結果はどのように考えれば良いのでしょうか。

もちろん、単純な計算間違えの生徒もいるでしょう。しかし、それだけならば、同様に09年度もいたはずです。この子どもたちは、小学6年生あたりからゆとり教育から新指導要領への移行措置が始まっております。それだけ難しい内容を学習しているにもかかわらず、基本的な計算である分数の四則混合ができない生徒が7人に1人以上もいるのでしょうか。

その原因を明らかにするのは、大変難しいとは思いますが、1つには間違えなく、教科書が急激に難しくなってついていけない生徒が増えたことにあると思います。そして、難しいだけでなく、新たに学習する内容が増えているにもかかわらず、演習量が増えず、習ったときにはできたけれど、その後、忘れていったということがあるのではないでしょうか。

こうした分数の四則計算ができないということは、文字式が分数の形になったものは間違えなく解けないでしょうし、関数や方程式においても、分数が混じってくると解けない可能性が非常に高いと思われます。そういう子どもたちが7人に1人以上もいるということは大変なことに違いありません。

しかし、指導要領が新しくなり、量が増え、難易度が高くなったということは、逆にできる生徒が増えていることも間違いありません。

つまり、できる子どもはどんどんできるようになり、できない子どもはどんどんできなくなるという学力格差が大きくなっていると言えるのではないでしょうか。

小学生のうちから、塾に通わせるかどうかについては、ご家庭でも悩まれることだと思います。しかし、小学生内容の理解が怪しいようでは、間違いなく中学校のさらに難しい内容についていけるはずはありません。小学校での小テストが、毎回85点以上、できれば90点以上なら問題はないと思いますが、70点台以下であれば、今のうちに塾に入れておかれた方が、後々の月謝などを考えても、良いのではないかと思います。


塾の選び方

たくさんある塾を選ぶというのはたいへんなことです。特に、自分の子にあった塾を探すのは、なかなか大変なことです。

以前、私が教室責任者をしていた教室の近くにあった塾は、こんなことをしていました。何かというと、塾内テストでドーピングをし、カンニングを容認していたのです。なぜ、こんなことになるかというと、授業の質が悪くても、テストの点数があがれば、保護者はとりあえず納得するので、退塾を防ぐことができるからです。

数年前に食品偽装の問題などがありましたが、質の低い塾(その塾は地域でもわりと生徒を集めていました)は「金儲け」のためなら何でもします。そして、生徒を集めるんです。

口コミはとても参考になると思います。しかし、子どもが友達つながりで選んだ塾は、いいか悪いか分からないので、保護者の方が教室責任者に会って話を聞くべきだと思います。そのとき、かならず質問を用意していくことです。とくに大手塾やフランチャイズの塾では、受け答えマニュアルがかなりよい精度でできていますので、しっかりと質問を用意していないと、相手のトークにからめとられてしまい、正しい判断ができなくなります

大切なことは、

どれだけ子どものことを考えてくれ、実行してくれるか

ということにつきると思います。

チラシやホームページに、「分かるまで指導」とか「成績を上げます」「独自の○○システム」などと良いことが書いてありますが、それは当然でしょう。しかし、「どのように」という具体性がないのは要注意です。とくに、最近ブームなのか、「○○システム」と銘打つ塾が多いですが、私はほとんど眉唾ではないかと思っています。そういうチラシを隅から隅まで読んでも、どういったシステムなのか中身が見えてこないことが多いんですね。ですので、どういったものなのか、どうやって実現するのかなど、ぜひ質問しましょう。

質問内容ですが、たとえば「分かるまでフォローします」とか「無料で補習します」など、大手塾などのチラシではけっこう書いてあります。ですので、そういったところでは、いつフォローしてくれるのか、時間はとってくれるのかなどと、かならず聞かないと、こうしたものはかならず有名無実となります

なぜなら、それは簡単なことです。塾の講師はどこも夕方5時くらいから10時くらいまで授業がいっぱい詰まっています。フォロー用の教員を用意していない限り、フォローや補習は不可能なのです。しかし、フォロー用の教員を用意するとなると、人件費がかかります。だから、そんな教員はいないのがほとんどでしょう。授業の合間を見て、フォローをするというのであれば、授業は片手間だということで、本末転倒でしょう。

フォローや補習が、具体的に、「○曜日の何時に」とか決まっていれば、立派な塾です。具体的に答えてもらえないなら、広告に偽りがあるかもしれません。

塾の選び方について、私が大手で働いていたときから、よくまとめられているなと思っていたサイトがあります。

賢い塾の選び方

というサイトです。この作者もご自身で塾をしておられるようですが、まだまだ60点と上記サイトでおっしゃっておられます。つまり、このサイトで書かれていることは、実現するにはなかなか難しいのだけれど、こういう視点で見ていけば、大方問題はないということです。

もちろん、私は、このサイトで書かれていることに100%賛同するわけではありません。しかし、それでも塾を選ぶにあたり、とても参考になると思っています。逆に言うと、塾の経営者や現場責任者からすると、かなり痛いところをつかれているわけですが。。。

特に秀逸なのが、3.塾の中身の見抜き方4.講師の能力の見抜き方 です。お忙しい方は、ぜひこの2つだけでも見ておかれた方がいいと思います。塾選びには、とても重要な点だと思います。

 


もっと勉強ができるようになるために!

私の基本方針は、明白です。

塾は勉強ができるようにするためにある

当たり前なのですが、いろいろな塾や教師をみているとそう当たり前でもないのです。

たとえば、入塾テストを難しくして、すでに勉強をできる生徒を集める塾というのがあります。当然、進学実績もいいのです。そういう塾では、できる子をきたえる授業を行います。勉強ができない子ができるようになるという授業は行いません。

塾の講師の中には、そうした塾の方針と自分の指導方針を整理できていない人がいます。塾自体は、勉強が苦手な生徒も集めているが、教師はできない生徒をできるようにする指導をしない、、、残念ですが、そういうことはよくあることです。

はなゼミでは、入塾テストはもうけておりません。それは、個別指導にちかい少人数クラスであるので、入塾テストは必要ないということと、どんな生徒でも集団の中で伸ばしていく授業をおこなうため、あらかじめ学力を見る必要がないからです。

塾は勉強ができるようになるためにある、だから「できない」ことには徹底的につきあいます。「できない」ことを叱ることは絶対にありません。もちろん、「やらない」ことにはきびしく叱りますが。。。