ものづくり教室~~色彩陶芸2日目《着彩》

子どもたちの作品を釜から無事に取り出すことができました。割れや破損などがないかなかり不安だったのですが、2人のプロの女性ががんばってくれたおかげで、問題なく色を付ける工程へと移ることができました。

造形の作業でも子どもたちの可能性の奥深さについて、スタッフ全員で感動していたのですが、色つけもまったく同じです。

けっして、「子どもたち」というマスではとらえることができない、やはり1人ひとりの子どもの個性が浮き彫りになっています。

さらに、小学4年生の作品と5年生の作品にはとても大きな違いがある子とも実感いたしました。4年生のものはとても素朴で自由な感じがある一方で、5年生以上になると作品に目的性がでてきて、意識的な作品になってくるようです。

また、中1くらいになると、ぐっと大人っぽい作品になります。

子どもたちひとりひとりの個性も大切ですが、1年1年の子どもの成長ということも大いに感じました。

また、今回の教室を通して、色づけのおもしろさを感じてもらえたのではないかと思っております。色を重ねること、色を混ぜて新たな色を作ること、それを組み合わせて塗っていくこと、、、作業を通じて、いろいろと感じてくれていれば、とてもありがたいです。

また、来年も陶芸教室ができればいいなと思っております。ただ、私の個人的な思惑としては、来年は陶芸とともに、銀細工でアクセサリーづくりをしたいということ、今年の10月か11月くらいに、野焼きで土器を作り、古代人の生活の一端を感じるという企画をしたいと思っています。さて実現できるかどうか。あまり期待せずにお待ちいただければと思います。

※もちろん、ぜひやってほしいという要望があれば、かなり前向きに企画が進むと思いますので、ご意見をいただければ、うれしいです!


スライム時計をつくりました!


ものづくり教室の第2弾として、きょう、スライム時計をつくりました。
好きな色に色づけして、とてもきれいなスライムができました。これまでも、何度もスライムづくりをしてきましたが、子どもたちが何かをつくるのを見るのはとてもいいものがあります。また、作るといっても、スライムづくりは工作ではなく、化学反応を利用したある種の実験ですから、それまでサラサラだったものが、ねばねばベトベトのスライムに変化するのはとても不思議なことです。


はなゼミの夏期講習会2011 特徴《4》 振り替え補習 

Bird
Creative Commons License photo credit: cubanjunky

 

はなゼミでは、部活や課外活動を応援します!

だから、遠征や大会なので、どうしても授業が受けられない生徒のために、振り替え補習の時間を用意しています。この時間で、できなかった授業の補習を受けてもらえます。もちろん、病気などでどうしても授業にこれない場合にも振り替え補習を受けてもらえますが、病気はできる限りしないよう、規則正しい生活、規則正しい食事など、心がけてくださいね。

夏休み、思いっきり遊び、思いっきりクラブも、そして思いっきり勉強しよう!!!


はなゼミの夏期講習会2011 特徴《3》 実力確認テスト

Ormbunke
Creative Commons License photo credit: Widerbergs

 

夏休みの勉強の成果を全国学力テストで確認します。そして、はなゼミでは、テストをやらせっぱなしにしません! テスト後に、やり直し勉強会を実施いたします。それは、間違えたところをしっかりと確認し、できるようにしなければ意味がないからです。また、間違えたところをやり直すことで、効率よく力を付けていくことができます。テストが70点だったとしても、のこり30点分がきちんとできるようになれば、100点とれる力を付けることになります。すべてやり直す必要はないのです。

さらに、類似問題集を配布し、間違えたところがちゃんとできるようになったか確認します。これが確実に力を付けていく方法です。


はなゼミの夏期講習会2011 特徴《2》 81時間超の圧倒的授業!

Ocean Shores, WA
Creative Commons License photo credit: SheldonPhotography

 

はなゼミでは、学年に応じた適正な時間数の夏期講習会を実施いたします。

なんと言っても、中学3年生は、受験を迎えます。一昔前とは異なり、高校入試はさほどきびしくはなくなりましたが、それでも志望校に合格するためには、しっかりと学習しなければなりません。入試を突破するためには、まず第1に、中1内容、中2内容をもう一度復習する必要があります。第2に、受験に耐えうる応用力をつけなければなりません。したがって、中3の夏は、気合いを入れて勉強をする必要があります。

はなゼミでは、中3の学習時間を81時間以上取っております。これで十分とはいえないまでも、最低限、受験生に必要な時間であると思っております。中3生にはみっちりと学習してもらいます。

その他の学年においては、復習と読解力の強化、数理的センスの強化をメインに授業を行います。前学年から1学期内容をきっちりと復習することで、さらに上へステップアップがのぞめると考えます。

■小学生■

4年生~6年生 国語、算数、読解総合 計16時間+α

■中学生■

1年生 英語、数学、国語、理科、社会、読解総合 計33時間+α

2年生 英語、数学、国語、理科、社会、読解総合 計42時間+α

3年生 英語、数学、国語、理科、社会、読解総合 計81時間+α

■その他■

補習、学力テストのやりなおし勉強会を行います。確実に学力をつけていきます。


はなゼミの夏期講習会2011 特徴《1》 読解力と数理センス

16 Animals
Creative Commons License photo credit: Brett Jordan

 

はなゼミの夏期講習会は、

文章読解と数理的センスを磨く!

をテーマにおこないます。

子どもたちを教えていて、悔しい思いをすることが多々あります。それは、考える力をしっかり持っているにもかかわらず、文章がしっかり読めない、説明がきちんと理解できないために、問題が解けない子どもが少なからずいることです。

国語は当然ながら、数学(算数)にしても、英語にしても、理科にしても、社会にしても、文章を読んで、きちんと理解できなければ、正しく頭に入るわけもなく、正しく問題が解けるわけもありません。はなゼミの夏期講習会は、長い夏休みを利用して、「読解」の時間をとって集中的に学習します。
読む・書く・考えるを鍛えます。

具体的には、小学生であれば、国語・算数・読解の3科を必修で、中学生は英語・数学・国語・理科・社会・読解の6科必修でおこないます。国語や算数・数学の授業を少し減らしても、読解の授業をやることで学力の土台をきっちりと作り固めていくことで、子どもたちの能力を磨き上げていきたいと思っています。

また、数学的パズルの導入で、数理的センスも積極的に磨いていきたいと思います。また、パズルは、子どもたちにとっては遊びの要素も強く、勉強はイヤなものではなく、楽しくても勉強になるという感覚を味わってもらいたいと思っています。こうしたことも長い夏休みだからできることです。

長い夏休み、積極的に力をつける! はなゼミの夏講にご期待ください。