【とある校長先生の言葉】今日の5分を惜しむと明日にはたいへんな困難が待つ

Touched by the Sky
Creative Commons License photo credit: Reckless Dream Photography

今日の5分を惜しむとが明日からの困難な数十時間になる

こういうことは、よくあることです。
たとえば、勉強していて分からないところがあった。本当は質問して解決した方がいいのに、つい質問しなかった。本当は、そのときに質問して解決しておけば良かったものの、「まあ、いいか」とやめてしまうと、その後、大変な困難が待ち構えることになります。いわゆる「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」というものです。
はなゼミでは、子どもたちに
「宿題はその日のうち、遅くても次の日にはやっておきなさい」
と指導しております。このルールを守ってくれる、あるいは守ろうとしてくれる子は比較的早く成績が上がります。実は、しごく当然なことです。
子どもたちには、この理由を次のように説明します。
僕たちの脳は、忘れるようにできている。すべて覚えていたら、大変やろ。道を歩いていて、「赤い服の人とすれ違った、アイスの袋が落ちていた、青い車が通ったなどなど」、目の前に見えたものをすべて覚えていたら、頭がパンクしてしまう。だから、僕たちの脳はすぐ忘れちゃう。でも、勉強した内容もすぐに忘れちゃったら、もったいないから、今日帰ったら、宿題をする。今日無理だったら、明日には終わらせてしまい、忘れないうちに復習することが大切なんだ

というのです。繰り返しますが、守ってくれる子は「習ったことの記憶の持ち」がいいのですが、忘れないうちに復習しているわけですから、成績が良くなって当然です。

「今日、宿題をしないといけないけれどめんどくさいな。明日でもいいか」と、今日の時間を惜しんでしまうと、せっかく習ったことを忘れてしまい、こんどするときにはずいぶん忘れており、また復習しなければならなくなったりします。また下手をすると、全く忘れてしまい「何これ! 難しい」なんてことにもなりかねません。

つまり、今日しないといけないことをサボってしまうと、実は後には大変に困ったことが待ち構えているのです。後で待ち構える困難を避けるためにも、今日やっておくべきことはやっておくという習慣を付けていきたいものです。


俵口小学校で出される宿題

Juggling Sticks demonstration_6139
Creative Commons License photo credit: hoyasmeg

 

最近、大阪では小学校ではほとんど宿題を出さないという学校も増えてきました。
しかし、学校で宿題が出されないと、塾に通っていない子どもの学習量は非常に少なくなります

原因の1つに、中学受験を控える子どもへの配慮があるのではないかと、私は思っております。
中受生を教えていたことがある経験からすると、小学4年生ですら、大量の宿題、しかもかなり難易度の高い問題をさせます。7時に塾が終わり、家に帰り、食事を取り、風呂に入り、10時から宿題を始めようものなら、完成するのに12時すぎることなど当たり前です。両親がつきっきりで、深夜遅くまで塾の宿題に奮闘するというのは、少なくとも私の塾では当たり前でした。そうなっていると、学校の宿題はできません。逆に言うと、中受用の塾の宿題を優先するために、学校の宿題はやらないという場合ももしかするとあるかもしれません。
10年以上前に、とある中学受験塾で、「学校の勉強などするな、塾の勉強しなさい」と言われたとニュースで問題になったことがあります。気持ちとしては、とてもよく分かります。塾としては、受験校合格のために、難度の高い膨大な問題を消化させなければならないわけですから。
そうした状況の中、小学校側が受験を控える小学生のために、宿題を減らす、あるいはなくすという処置をせざるえなくなる場合があるのではないかと思ったりします。

現在、俵口小学校に通う生徒を抱えておりますが,子どもたちに聞くと、小5から宿題が増えたと言います。なんでも、先生によると、中学校に上がったときに困らないようにと、宿題を多めに出しているというのです。
私は、これを聞いて、俵口小学校は立派な先生がいるいい学校だなあと感じました。
学校教育では、子どもたちの将来をつねに考えていく必要があります。あえていえば、塾は違います。

大阪でとある進学塾から進学校に進んだ生徒は、ほとんど落ちこぼれているという噂がまことしやかに流れていますが、私は長年大手塾で塾講師をやってきて、それはある程度正しいのではないかと思っています。なぜなら、本質的に考えさえる学習は時間と手間暇がかかります。手間がかかる割に、結果が出るのに時間がかかりますから、親御さんからの評価も受けにくいでしょう。しかし、そうではなくてエッセンスやテクニックを徹底的に詰め込めば、それなりに成績は上がり、親御さんや子どもたちは喜びます。じゃあ、それで、高校の勉強は大丈夫かというと、これまで塾の教師に“エッセンス”ばかり教えてもらっており、難解な高校の勉強を自分で考え、解決していく練習がされていないために、高校ではついていけなくなる可能性が高くなるのです。
しかし、学校教育は違います。子どもたちが中学校に入っても困らないように、社会に出ても困らないようにと、社会的なルールや学習方法などを教えるのが公教育というものではないでしょうか。当たり前なのですが、むずかしいところであると思います。
はなゼミは、俵口小学校の通学路沿いにあるので、小学生がたくさん通りますが、あいさつもしっかりできる立派な子どもがとても多いです。これも、俵口小の先生方の普段からの教育のたまものなのでしょう。子どもたちを見ていると、そう感じます。


きちんと覚えていくということ

Lovely Chaos @ New York City
Creative Commons License photo credit: VinothChandar

通わせてくださっている親御さんから、

「今まで、ほとんど勉強しなかったのに、帰ってきてすぐ宿題をやるようになりました」

「宿題をしなさいといわなくても、食事を終えたら、自ら進んで宿題をやっています」

とありがたいお言葉をちょうだいしています。小学生、中学生ともにです。

私は、記憶力の良い方ではありません。きっと頭の良い方でもないと思います。だから、「すぐに忘れてしまうねん」という子どもの気持ちはよく分かるつもりでいます。そもそも、人間の記憶、とりわけあまり興味のないことに関しては、24時間~48時間もすれば、忘れてしまうのではないでしょうか。エビングハウスの忘却曲線によると、自分にとって無意味な内容については

20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後には、79%を忘却し、21%を覚えていた。

と、24時間後には3/4忘れてしまっているのです。
これは、とてももったいないことです。せっかく、大切な時間を使って、塾に来て勉強しているのに、一晩ねたら、もう忘れてしまうなんて。
だから、子どもたちには、かならずいうのです。
忘れちゃったらもったいないから、今日中に宿題をやっておこう!
そして、ほとんどの子どもたちは、ちゃんと実践してくれているのです。
はなゼミでは、英語も数学も週に2回ありますから、その日のうちに宿題をやっていれば、次の授業(3日後)では確実に覚えているんですね。定着の具合が全く違います。“ああ、この子は、忘れないうちに宿題をやっているな”とすぐに分かるのです。
もちろん、それでも2週間、3週間と日が経つにつれて、記憶も薄くなってくるのですが、また復習すればすぐに記憶はよみがえってきます。こうした繰り返しが、子どもたちにとっては、学習が習慣になっていくおおきな練習ではないかと思っています。