「久保先生2号」

小学生の女子から、プレゼントをもらいました!
「久保先生2号」だそうです(^^)


ふくよかな顔に、メガネ、めっきり広くなった額、恥ずかしいほど、よく観察してくれています。

また、台の部分には、「久保先生」と漢字で作ってくれています。歯の部分も細かく表現してくれています。きっと、時間がかかったでしょう。本当にうれしい限りです。
彼女にとっては、私は笑っている印象が強いのでしょうか。でも、彼女が中学生になったら、ちょっと厳しくすることもあると思いますが、基本は笑顔で授業をしたいのだということを忘れないで欲しいものですicon_biggrin.gif

それにしても、教えている子どもから、こうしたものをもらうのは、何年やっていてもうれしいものです。感謝!


保護者からの手紙

Track
Creative Commons License photo credit: Velo Steve

私が、教室長をしていた塾を辞めたというので、教え子が手紙をくれました。

その最後に、その子のお母さんが自筆でメッセージを添えてくれていました。本当にありがたいことです。

「娘が大変お世話になりました。家でもよく久保先生の楽しいお話をしていました。高校から個別で理科をしますが、久保先生やったらナァ~と思っていたぐらい大ファンです。お元気で。。。母より」

彼女は、大阪の府立高津高校に進学しました。がんばってほしいものです。


先日、以前の教室に教え子がきてくれたそうです

Out of doors.
Creative Commons License photo credit: MJ/TR (´・ω・)

以前、教室長をつとめていた教室の事務の方から、メールをいただきました。

4年前に教えていた子どもが、大学に合格したので、私にあいさつしたいと教室によってくれたそうです。

2人とも、大阪大学に現役に合格したということで、本当にうれしい知らせです。

私は、もう辞めてしまったのであえないので、残念ですが、訪ねてきてくれた生徒も残念がってくれていたとか。本当に教師冥利に尽きます。